記事

【福島原発かながわ訴訟】富岡町から避難した男性が9年半の苦しみを陳述「国や東電は責任認めろ」 弁護士は被曝リスクや「避難の相当性」を主張~控訴審第3回口頭弁論

1/2
福島第一原発の事故で神奈川県内に避難した人々が国と東電を相手取って起こした「福島原発かながわ訴訟」(村田弘原告団長)の控訴審。第3回口頭弁論が2日午後、東京高裁101号法廷(白石哲裁判長)で行われた。福島県双葉郡富岡町から神奈川県内に一家で避難した男性が意見陳述。一審原告の代理人弁護士は、低線量被曝の健康影響について改めて陳述し、避難指示の有無にかかわらず避難の相当性があると主張した。次回期日は12月4日14時。白石裁判長が今月で定年退官するため、次回期日から新しい裁判長の下で審理される。



【穏やかな生活が一変】

 「もうすぐ原発事故から10年が経ちます。しかし今、世間の話題は新型コロナウイルス一色で、このまま原発事故について忘れ去られてしまうのではないかという心配があります」

 裁判長に促されて、男性は法廷のど真ん中に座った。一礼し、静かな口調で用意した原稿を読み始めた。傍聴席の最前列では、妻が夫の背中を見守っていた。妻も2017年1月、横浜地裁で意見陳述をしている。

 2011年3月11日の大地震と大津波、そして原発事故。当時、妻と子ども3人の計5人で双葉郡富岡町で暮らしていた。転勤で富岡町に移住し、1991年には広い一戸建てのマイホームを購入した。

 2004年に神奈川県平塚市にある事業所に異動したため葉山町の実家から通勤。金曜日の夜に車で富岡町に帰り、日曜日の夜に再び葉山町に向かうという生活をしていた。お盆休みや正月休みなどではずっと富岡町で過ごし、子ども会や子どものサッカー部保護者会などの役員も務めた。自然豊かな富岡町。近所の農家から新鮮な野菜や果物をもらう事も多かった。それが一変したのが原発事故だった。

 葉山町の実家に避難したが、それまで1人暮らしだった母親は突然の6人暮らしに疲弊した。しばらくして5人は転居したが、神奈川では富岡町の自宅のような広い間取りは借りられない。富岡町では健康そのものだった妻は、ストレスが原因で複数の病気を発症。通院と服薬を続ける事になった。「医師によると、この薬は一生、飲み続けなければいけないそうです」。

 住み慣れた富岡町を追われて9年超。移住した翌年に新築したわが家は、やむなく解体した。「戻りたいけど戻れる状況に無い」。まさに苦渋の決断だった。早く神奈川で落ち着きたいと考えているが、そこには大きな壁が立ちはだかっているのだった。




①富岡町から神奈川県に避難した男性が意見陳述。「これ以上争わずに出来るだけ速やかに避難慰謝料を支払ってもらいたい」と訴えた。東電は自ら「3つの誓い」を掲げながら反故にしている
②③④〝復興五輪〟にあわせて全線開通したJR常磐線。夜ノ森駅も再開され〝復興〟の象徴とされているが、避難指示が解除されたのは駅周辺のごく一部だけ。至る所にバリケードが設置されているのが現実だ(2020年3月撮影)

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。