記事
  • ロイター
  • 2020年10月06日 15:35 (配信日時 10月06日 15:29)

午後3時のドル105円半ば、円反落も一服


[東京 6日 ロイター] -

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 105.66/68 1.1784/88 124.53/57

午前9時現在 105.70/72 1.1787/91 124.60/64

NY午後5時 105.72/75 1.1781/85 124.56/60

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の105円半ば。トランプ米大統領の退院を好感した円安は一服となり、主要通貨はもみあいとなった。

ドルはトランプ氏退院の報と株高を受けて、前日海外市場で105.79円まで上昇。感染が判明してドルが急落した2日の水準を回復し、さらに小幅ながら上回った。

ところが105円後半で取引が始まった東京市場では売りが先行。ドルは午後に105.62円まで反落した。ドルが急落前の水準へ値を戻したことで、短期筋が売りに回ったという。

また市場では「トランプ氏にはステロイドが投与され、治療も道半ばのようだ。不確実性が後退したとは言えない。早期退院が裏目にでなければよいが」(外銀)との声も聞かれた。

豪ドルはやや荒い値動き。中銀が政策金利の据え置きを決めたことで、一時76円前半へ上昇したが、その後75円後半へ反落した。「一部に利下げ期待があったので発表直後は買いが出たが、声明の内容的には来月利下げとの市場予想を変えるようなものではなかった」(別の外銀)という。

市場では、豪中銀は11月に15ベーシスポイント(bp)利下げし、政策金利を0.1%にするとの見方が大勢となっている。

(為替マーケットチーム)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    パックンにみる小室圭騒動のワイドショーコメンテーターの忖度

    メディアゴン

    10月27日 10:33

  2. 2

    日本の本当の財政事情を知らない? 財政均衡にこだわるリベラル勢力

    マガジン9

    10月27日 14:23

  3. 3

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  4. 4

    「女性候補が少ないのは女性のせいなのか」日本で女性議員が増えない本当の理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 15:15

  5. 5

    台湾危機に巻き込まれざるを得ない日本 対習近平戦略から考える日本の安全保障政策

    宇佐美典也

    10月27日 12:00

  6. 6

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  7. 7

    菅直人氏の発言「民主党政権の時代に高校無償化まで実現。現在も無償化」は“不正確”

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月27日 16:19

  8. 8

    作家・羽田圭介が「貯金なんかせず好きなことに使え」と言い切る理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 14:21

  9. 9

    入試改革はなぜ失敗?「誰でも語れる」から迷走する教育政策の厄介さ

    物江 潤

    10月27日 13:15

  10. 10

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。