記事

日本学術会議任命問題とは 10億円の国費に見合った活動ができているのか

1/2

日本学術会議の令和2年度予算約10億円 (出所:日本学術会議事務局)

 日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 日本学術会議任命問題が起きています。これは、10月1日に「学者の代表機関」である日本学術会議が新会員を推薦したところ、官邸がその内6名の任命を見送ったとして問題となっています。

 菅総理は10月5日(月)記者会見を行い、「(退任する)会員が後任を指名することが可能な仕組みだ。推薦された方をそのまま任命してきた前例を踏襲して良いのか考えた」「(会議の)総合的、俯瞰(ふかん)的活動を確保する観点から今回の任命について判断した」と述べました。さらに、首相は6人の見解と任命拒否の判断は「全く関係ない」「(憲法で保障される)学問の自由とは全く関係ない」と弁明しています。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/111b492e9582157de884550b827b2b29fb63208c 

以上の菅総理の説明だけでは分かりにくいのですが、総理の言いたいことを解説すると、以下だと考えます。日本学術会議は、日本学術会議法(昭和24年制定)に基づいた総理が所管する「科学者の代表機関」なのですが、国家公務員特別職である会員の人選が前例踏襲で形骸化していて、日本学術会議の使命である「科学が文化国家の基礎であるという確信に立つて、科学者の総意の下に、わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与する」(日本学術会議法前文)活動が十分できていないので、今回の任命を見送り、同会議に人選のみならず、組織の活動自体から見直してほしいということです。

●何が問題なのか 法例に基づいて所管する総理が適格性を判断しただけ

 一体何が問題なのか。一部のマスコミや野党、学者らは、「学問の自由侵害」「独立性の侵害」「権力の乱用」「政府に反対した学者は任命されないのか」「意思決定が不明」「説明責任を果たしていない」と騒いでいます。

本当にそうなのか。菅総理が記者会見で表明した通り、根拠法である日本学術会議法を確認すれば、それが的外れであることがすぐに分かります。

同法によれば、学術会議は内閣総理大臣が所管(1条)しており、科学者の代表機関(2条)で、「独立」して科学に関する重要事項を審議し、研究の連絡を図る(3条)とはあるのですが、政府から独立した機関ではなく、行政機関の一つです。学術会議に推薦権(17条)はあるが、任命権はあくまで所管する総理(7条)にあります。ですから、事務局は内閣府が担っており、毎年約10億円の国費(1条)が投入されています。当然、他の政府の審議会と同様に、推薦を受けた受けた上で任命権の行使として採択するか見送るかできるのは当然です。そうでなければ、任命権とは言えません。

 https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000121

今回の問題は、学者の代表者としてその科学者が相応しい方々であるか、その適格性を民主的に選ばれた総理が推薦者の採否を判断したということに尽きると思います。

学術会議は10月2日に「任命されない理由を説明いただきたい」と要望書を総理に提出しました。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo301-youbou.pdf

(出所:日本学術会議)

学術会議会員は、「優れた研究又は業績がある科学者」(同法17条)から選考して総理に推薦することになっています。昭和24年設立から昭和60年までは科学者による直接選挙で任期3年全員改選再任制限なしでした。そして、昭和60年の中曽根内閣時代に、登録学術研究団体からの推薦に基づいて専門ごとの推薦委員会が選考することになりました。その際の国会答弁で、推薦通りで形式的に任命すると答弁したのでした。そして、平成17年から今日までは、学術会議内の選考委員会が任期6年3年ごとの半数改選で再選なしで定年70歳までとなりました。当時の国会答弁は、人選がしっかり実施されていることが前提で、前例踏襲主義で形骸化していたら、そのままではよいとは言えなくなるのは当然です。

http://www.scj.go.jp/ja/scj/print/pdf/p70kinen.pdf

学術会議は、総理に任命拒否の理由を聞くのであれば、その前に推薦した学者の理由を明らかにすることが筋だと思います。

あわせて読みたい

「日本学術会議」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  5. 5

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  6. 6

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  7. 7

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  10. 10

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。