記事

東京新聞記者 厚労省の職員に暴力的行為

東京新聞の当該記者は、ジャーナリズムとは何かを学び直した方がいいのではないか。

社内にこうした考えが蔓延してはないだろうか。

事実を丹念に取材し事実をもとに時に厳しく政策を批判をする記者がいる中、こうしたことをする記者が出るとジャーナリズム全体の信頼を落とす。

『東京新聞記者「ばかにしているのか」と厚労省取材で机たたく…抗議受け編集局謝罪』(読売新聞)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc65ed9f840f87aef501c705f81ab2474070d9b8

あわせて読みたい

「東京新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。