記事
  • SmartFLASH
  • 2020年10月05日 16:51 (配信日時 10月04日 20:00)

土屋太鳳、芸能界入りのきっかけは小4で演じた「酔っ払い役」

 土屋太鳳が10月1日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で芸能界入りのきっかけを語った。

 土屋は小学4年生のとき、演劇会で酔っ払い役を演じ、おでこにネクタイを巻いて熱演。すると父兄から「面白かった」と言われ、「他者を生きる魅力」を感じたという。

 そこから10歳でオーディションを受けて合格し、2005年に芸能界入りした。

 当初は学業優先で仕事がない日々が続き、滑舌にも悩んだ。土屋は「高校生になって歯医者さんで『ラリルレロや、サシスセソとかうまくいかないんです』と言ったら、『舌のつながっているところが長いんじゃないか』って。その舌小帯というところを切れば動くということで手術を。怖かったけど必死でした」と振り返った。

 16歳の大きな決断だったが、「とにかくコンプレックスに感じていることだったので。口がハッキリ回らないとお腹に力が入らなくて、ふわっと抜けるしゃべり方になっちゃう」と回想。手術は成功したが「今でも切ったところがたまにしびれることがあります」と明かした。

 またNHK連続テレビ小説『まれ』で祖母役だった草笛光子が、VTRで「ドラマの最後のパーティー(場面)で、『険しくってすばらしい道だけどあなたも行きなさい。さあ、まだこれからよ』という言葉があって。あなたはずっとそれを貫いているような気がして嬉しい」とコメント。

 さらに「きれいで明るくて爽やかで人に優しくて。そんないい“孫”とお仕事できたこと、とても嬉しく思っています」とエールを送った。

 土屋は「うれしい……本当に険しい道ばかりだなと思います」と涙を流して感謝していた。

 映画『フード・ラック!食運』が11月20日に公開される土屋。人生の転機が酔っ払い役だったとは意外だ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。