記事

豪雨被災地・熊本への支援希望で客足殺到 コロナ禍の銀座でアンテナショップの売り上げ約3割増加

1/2

「被災地の商品はありますか?」

新型コロナウイルスの影響で人通りの減った夏の銀座。それでも多くの人が押し寄せた。

今年7月4日、熊本県南部を襲った記録的な豪雨。ニュースを目にした都内の人々はアンテナショップ「銀座熊本館」を訪れ、現地の名産品を次々にレジへと運んだ。多くが熊本にこれまでゆかりのない人たちだったという。

BLOGOS編集部

特に被害が大きかった人吉球磨(ひとよしくま)エリアで造られる“球磨焼酎”のうち、壊滅的な被害を受けた酒蔵の商品は数日で在庫が切れた。

4年前の熊本地震から復興しつつあった同県を直撃した豪雨被害から今月4日で3ヶ月。

復興はいまだ途中だが、銀座熊本館・店舗責任者の杉村輝彦さんは「遠く離れた東京から熊本を支援したいと言ってくれるお客様がたくさんいる。息の長い支援になるよう我々も力を入れていきたい」と前を向いている。

熊本地震発生時にも開店前から行列 被災地への支援殺到ふたたび

9月中旬、筆者が銀座熊本館を訪れた際、2000〜2500種類の特産品が並ぶ店内は多くの買い物客で賑わっていた。

「お客さん、多いですね」。杉村さんに話を向けると「水害以降、支援したいと言って訪れてくれるお客様がすごく増えました」と口にし、水害当時のことを教えてくれた。

取材中も客の出入りが途絶えることはなかった

7月4日未明、熊本県南部に猛烈な雨が降り、日本三急流のひとつである球磨川が氾濫した。球磨郡球磨村では全世帯の約3分の1が浸水。人吉市では20人が死亡するなど大きな被害がニュースで伝えられた。

東京にいる杉村さんら銀座熊本館のスタッフ約25人は報道でしか被害の程度を知ることができない。現地は電話が通じない状況。商品を卸してくれる事業者の中には、電波の通じる隣県の宮崎県まで移動して、取引先一軒一軒に連絡をしている人もいた。

「無理しないで、まずは身の安全を第一に考えてください」。そう声をかけることしかできない。心配だが、避難の妨げになってはいけないと、東京から連絡をすることは控えた。

球磨川の下流に位置していた球磨焼酎の酒蔵は壊滅的な被害を受けたという

スタッフの頭には2016年4月、最大震度7の揺れが襲った熊本地震が報じられた際、開店前から現地を支援しようと客が足を運び、行列ができた光景が浮かんだ。

開店前、杉村さんらスタッフは、店内の正面、一番目立つ場所に、特に被害が大きいと伝えられた人吉球磨エリアの焼酎や、芦北水俣エリアの海産物や柑橘系を使った商品などを並べた。

杉村さんらスタッフにできることは、商品を買ってもらうことで現地に支援を届けることだった。

あわせて読みたい

「令和2年7月豪雨」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。