記事

Go Toイート 対象グルメサイトの登録方法と店の選び方

Go Toイート対象のグルメサイトをどう選ぶ?

 10月1日から全国で順次開始されるGo Toイートキャンペーン。その利用方法には、地域の販売窓口で「プレミアム付き食事券」を購入する方法と、飲食店のネット予約で「オンライン飲食予約ポイント」を貯めて使う方法の2つがある。

 ネット予約ポイントをもらうにはグルメサイトに会員登録する必要があるが、使ったことがないという人が多いのではないか。

 対象になっているのは、掲載店舗数が多い順に『食べログ」『Retty』『ぐるなび』『ホットペッパー』など計13サイトある(農水省の公式サイトで確認できる)。それぞれのサイトに特徴があるので、自身の好みやライフスタイルに合わせて選びたい。

 複数登録することもできるが、貯まったポイントはそのサイトでのみ利用でき、他サイトでは使えないので、注意したい。

 登録するサイトが決まったら、サイト上で名前やメールアドレス、を入力し、パスワードを設定する。それで会員登録は終了だ。

「無料で登録でき、クレジットカード情報なども必要ないサイトが多い。ただ、『食べログ』に関してはTポイントカードに登録していないと入れないので、まずカードを持っておく必要があります」(外食Webコンサルタント・岩田信吾氏)

 登録したサイトで飲食店の予約をして利用すると、そのサイト内でポイントとして付与され、貯まっていく仕組みだ。次回以降の予約時に、使うポイント数(1ポイント=1円で、1ポイント単位から使える)を指定すれば、店での料金支払い時に差し引かれる。

 サイトに登録されている飲食店の良し悪しは、どう判別すればいいか。

 まず、『食べログ』は掲載店舗数が最多のため、店の選択肢が広がる。『食べログ』や『Retty』は星の数で店の評価を提示していて、星が多いほど利用者からの評価が高いことになる。とくに『Retty』は口コミを実名で書くシステムになっているので、信頼度が高い。利用した人のリアルな声を判断材料にできるのが特徴だ。

 グルメエンターテイナーのフォーリンデブはっしー氏はこう話す。

「星の数だけでなく、口コミ内容まで確認すると自分好みのお店が見つかります。星による評価がない『ぐるなび』はメニューを細かく載せるなど、詳細な情報を売りにしている。お店がHP代わりに使っているケースが多いです。

『ホットペッパーグルメ』はクーポン情報が充実しています。複数人でより安く食事をしたい場合の店比べがしやすいと言えるでしょう」

※週刊ポスト2020年10月9日号

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    JTBがGoToトラベルの情報を独占

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。