記事

政府から独立して政策提言をする「日本学術会議」に推薦候補を拒否した菅政権 安倍政権の恣意的人事の悪しき承継者

1/2
 「日本学術会議」の会員推薦者105人のうち6名を菅首相が拒否した、これは安倍政権で常態化していた恣意的人事です。
 しかも、6名とも安倍政権の政策に異を唱えた実績がある方々という意味では露骨です。
 政府から独立しているところに意味があるというのに、気に入らないから拒否するでは制度そのものの否定です。

日本学術会議法には次のように目的と組織について規定されています。

第2条 日本学術会議は、わが国の科学者の内外に対する代表機関として、科学の向上発達を図り、行政、産業及び国民生活に科学を反映浸透させることを目的とする。
第3条 日本学術会議は、独立して左の職務を行う。
 一 科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること。
 二 科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること。

 政権から独立していることが大事な点です。学術的なことに対して、政権が口を出すのは、当然のことなら自らに都合が悪いから、ということに尽きます。
 そのため、会議の独立性を制度的に保障することが重要になります。
 それが推薦制と任命です。このように規定されています。

第7条第2項 会員は、第17条の規定による推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。
第17条 日本学術会議は、規則で定めるところにより、優れた研究又は業績がある科学者のうちから会員の候補者を選考し、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣に推薦するものとする。

 ここでは内閣総理大臣が自由に任命しないことができる、ということは想定されていません。推薦を尊重するというのは独立性を担保するためにも必要なことです。

 任命権があるということは拒否権もあるということにはなりますが、その場合には何故、拒否するのかという理由を示すことが重要になります。
 自由に拒否できるということになれば、政権の政策に反対して提言するということすら不可能になります。学識経験者に期待されるのは、時の政権におもねることなく、学識に基づく提言を行うことですから、本来、その提言自体を尊重すべきというのは制度目的でもあるのですが、その提言をする構成員を恣意的にいじったらダメでしょ、というのは当然の理になります。

 任命の前提としての推薦制を取っているのですから、推薦があるということを尊重しなければならないというのは当然の帰結なのです。従って、よほどの理由がない限りは拒否は許されない、さらには拒否自体が違法ということになります。単に政権の政策に反対したというだけでは拒否事由にはなりえないのは当然で、相応の理由と説明が求められます。



 なお、推薦を拒否することがイコール学問の自由、内心の自由を侵害するかといえば、学術会議の会員になれないというだけで、各大学での研究での学問の自由は保障されているわけですから、直ちに学問の自由の侵害に結びつくものではありません。
 しかし、学術会議は学問の成果を提言に結びつけるわけですから、そこでの日々の研究への影響は絶大です。既存の会員である研究者にもこれからの担い手になるであろう研究者への圧力にしかなりません。
 会員になりたいと思えば政権の意向を忖度した研究「成果」にしないと、会員には任命してもらえないということになれば、政権からの圧力そのものです。

 それにしても菅政権はひどいことをやりました。
 自分に楯突く官僚の排除を言っていただけのことはあります。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。