記事
  • WEDGE Infinity

米欧も巻き込み軍事・外交双方で緊迫化する中台関係 - 岡崎研究所

1/2

9月11日付の英フィナンシャル・タイムズ紙に、同紙の中華圏特派員キャサリン・ヒルが、今般の中国による台湾近辺での空海軍事演習について、台湾当局者の声を紹介しつつ、台湾の行動空間を圧迫しようとするものであり、地域の平和と安定に深刻な脅威を与えるとする解説記事を書いている。


a-poselenov / iStock / Getty Images Plus

香港への「国家安全維持法」の適用により、20数年間維持されてきた香港の「一国二制度」は消滅した。中国共産党にとって、香港の次の主たる攻略目標が「台湾の独立阻止」、あるいは「台湾統一」であると言っても過言ではないだろう。

最近の中国軍の動きを見ると、明らかにこれまで以上に軍事力を行使して、台湾への圧力を一段と強化しつつある。フィナンシャル・タイムズ紙のヒルの記事も、同様の趣旨である。

ヒルによれば、最近、中国は台湾との間の防空識別圏の台湾側域に入り、空軍・海軍による大規模な合同軍事演習を行い、台湾側を挑発したという。また、南シナ海のプラタス諸島と台湾の南西海岸との間の地域で、軍用機20数機、艦艇7隻により、海・空軍の合同軍事演習を繰り返した。

これほどの大規模な軍事演習は1996年のいわゆる「台湾海峡危機」以降では最大の深刻な脅威であるという。1996年には江沢民下の中国は、台湾の北部・南部の周辺海域にミサイルを発射した。その背景には、台湾で初めて直接選挙によって民主的に総統が選出されることとなったことがある。中国としては、この民主的選挙こそ、台湾が「1つの中国」の枠組みから離脱しようとするものと考えたにちがいない。なお、その選挙の結果、李登輝氏が総統に選出された。

この時、中国のミサイル発射に対して、米国は二隻の空母を台湾海峡に急派したので、中国としてはなすすべもなく後退せざるをえなかった。もちろんあの時期より20数年が過ぎ、今日、中国と米国の軍事力の格差は格段に減少した。

ヒルの記事が指摘するように、従来中台間では、双方の間の防衛識別圏を互いに尊重しあう形で、直接的な衝突を避けてきたが、それが、昨年あたりから、中国側が一方的にこのラインを無視するような行動をとることが多くなった、という。

あわせて読みたい

「中台関係」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。