記事

「重症患者はかなり入れ替わっている」 都の感染状況、医療提供体制の警戒レベル据え置き


 1日、東京都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議が行われ、感染状況を「感染の再拡大に警戒が必要であると思われる」、医療提供体制を「体制強化が必要であると思われる」と、それぞれ4段階のうち上から2段階目のレベルに据え置いた。

【映像】東京で235人感染 再び200人台に

 感染状況について国立国際医療研究センター・国際感染症センター長の大曲貴夫氏は、「今週の特徴は職場からの感染で、70代を除く全世代で増加している。職場における感染は特徴があって、昼食時や休憩時間での発生が複数報告されている。お休みを取る場所は狭かったり空気の流れが悪かったり、何よりもご飯を食べたりするので、その瞬間はマスクを外して話したりといったことが重なりやすい」とコメント。その上で、「職場なりで感染が拡大すると、複数の家庭内にコロナウイルスが持ち込まれる可能性が高くなる」と感染防止対策の徹底を呼びかけた。

 一方、医療提供体制について東京都医師会副会長の猪口正孝氏は、「9月30日時点の入院患者数は1165人(前回1258人)となり、増減を繰り返しながら依然として高い水準である。第一波の時のピーク(1413人)に近いまま長引いていることから、医療機関はなかなか(入院患者)が減らないということで疲弊している。負担は長期化し、軽減する兆しが見えない」と分析。また、重要視している重症者について、「今週新たに人工呼吸器を装着した患者は11人で、離脱した患者は10人。人工呼吸器使用中に死亡した患者は4人だった。9月30日時点で人工呼吸器を装着している患者は21人で、うち4人の患者がECMOを使用している。重症患者数は減少しているものの、重症患者の半数近くは今週からの新たな患者。数が安定しているので同じ患者がいるかと思ったらそうではなく、かなり入れ替わっている」とした。
(ABEMA NEWS)

▶映像:新型コロナワクチン 全国民無料で接種へ

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    正月休み延長 非正規に配慮せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  10. 10

    コンパニオン旅館をGoTo対象外へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。