記事

辛口コメント減るテレビ 森永氏「批判は視聴者にウケない」

テレビでなかなか言えないことが増えたと語る森永卓郎氏(時事通信フォト)

 いまやテレビはコメンテーターで溢れているが、その発言は舌鋒鋭い「辛口」ではなくなった。不祥事を起こしたタレントは擁護し、政権や官僚の失策を追及することもしない。そこにはテレビ局が誤報を恐れ、また大手芸能事務所との関係を考慮していることなどが、背景にある。

 一方、コメンテーターたちも、テレビで批判的なことが言いにくい流れを感じているという。多くの番組に出演する経済アナリストの森永卓郎氏(63)はこう語る。

「今だと“消費税を上げたら経済が失速するぞ”とラジオでは言えてもテレビではなかなか言えません。“Go Toキャンペーンで第3波が来るぞ”と言うのも難しい。それは制作側のスタンスというよりも、単純に視聴者にウケないからです。

 昔は私が出演していた報道番組のプロデューサーが『政権をひっくり返すぞ』なんて豪語していましたが、今は視聴者のほうが反政府や批判的なトーンには興味がないようで、それでは視聴率が取れないみたいです。だから反政府的なことばかりを言っていると番組にお呼びがかからなくなる。私は数限りなくそうした経験があります(笑い)」

 森永氏がかつて出演していた番組も、政府に厳しいリベラルの出演者が一斉に代わったという。

「我々がやっていたコメンテーターのかなりの部分は、今やジャニーズや吉本興業のタレントに移っています。情報番組が報道ではなくエンタメとして存在する時代なのでしょう。結局のところ権力批判はある程度余裕がないとできません。今はテレビ局も苦しいし、国民も苦しい。この状況で批判的なコメンテーターで番組を作っても、視聴率も取れなければ苦情の電話も来る。いいことがないんです」

※週刊ポスト2020年10月9日号

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。