記事

指名手配被疑者の今の姿をAIで予想、ヤフーなどサイト公開


ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)、株式会社電通デジタル(電通デジタル)、株式会社パーティー(PARTY)の3社は、人工知能(AI)による画像解析・生成技術を活用し、指名手配被疑者の過去の写真から現在の姿を予測するプロジェクト「TEHAI(てはい)」を開始した(外部サイト)。

指名手配被疑者捜査強化月間(11月1日~11月30日、準備期間は10月1日~10月31日)に先立ち、9月30日から特設サイトを公開している。

重要指名手配被疑者5名の姿をAIが予測


今回は、約630名(2020年8月末日時点)の指名手配被疑者のなかで、警察庁指定重要指名手配被疑者12名のうち5名の現在の姿をAIで予測した。TEHAIは指名手配被疑者の存在をユーザーが認知し、情報提供をしてもらうことで、指名手配被疑者の検挙の可能性を高めることを目指すという。

現在、警察庁指定重要指名手配被疑者は12名おり、手配されてから20年以上経過している者もいる。20年経過すると、老化や体型変化などで人の外見的印象は変化する。そこで、3社は警察庁の協力のもと、これまでの指名手配ポスターの掲示などに加え、AIを活用した予測の可能性に着目し、TEHAIを開始した。

特設サイトでは、5名の指名手配被疑者の予測イメージを公開中だ。被疑者の顔をクリックすると、AIによるシミュレーションと体型変化を加味し、被疑者1人につき9パターンの予測イメージを閲覧できる。

重要指名手配被疑者5名の姿をAIが予測

TEHAIポスター

TEHAIでは予測イメージの作成にあたり、AIを使って、大量の顔写真データから「シワの入り具合」「皮膚のたるみ方」など、加齢に応じた特徴を抽出。過去に撮影された被疑者の顔写真にその特徴を適用することで、現在の姿を予測した。

また、「加齢変化を得意とするAI」「老化前後のペア画像から特徴を抽出して変換するAI」など、AIが持つ特徴から複数のAIを採用している。被疑者1⼈あたり9つのパターンを公開するのは、予測の幅を設けるためという。

さらに、いずれも数万枚の顔写真データセットから数万回の学習を実施している。実際の被疑者の予測イメージを生成する前に、実在する人物の若い頃の写真をもとに生成した写真と、その人物の現代の写真を比較することで、「AIによる老化加工」の確かさも検証した。


5名いずれも検挙に結びつく有力な情報を提供した人は報奨金がもらえる。通報は各指名手配被疑者の画像をクリックし、担当する警察署の情報提供フォームに遷移することで可能。特設サイトにある情報提供ボタンからも通報できる。

「1日でも早く被疑者を検挙することができれば」

警察庁 刑事局刑事企画課長 重松弘教氏および、TEHAIプロジェクトチームのコメントは以下のとおり。

──警察庁 刑事局刑事企画課長 重松弘教氏

「全国の指名手配被疑者は、8月末日現在、約630人で、全体の3割弱が手配から10年以上経過しております。これまで、警察庁および各都道府県警察のホームページやポスターなどで情報提供を呼び掛けておりましたが、手配写真が古く、より効果的な広報活動の在り方について検討しておりました。このような中、AI技術を用いて被疑者の現在の姿を予測するシステムをご提案いただきました。国民の皆様から情報を広く提供していただくことで、1日でも早く被疑者を検挙することができればと期待しております」

──TEHAIプロジェクトチーム

「さまざまな写真加工アプリに代表されるように、画像解析・生成技術は身近なものになりました。その裏側にあるAI技術をもっと社会的意義のあることに活用できないか、そう考えたのがこのプロジェクトの始まりです。

コロナ禍によりあらゆることのデジタル化が加速する昨今、指名手配被疑者などの捜査へも最新のテクノロジーを導入することで、新たな捜査方法の提示になると考えています。

『TEHAI』では、AI技術を駆使して画像生成することで、“予測”の幅を拡げることにチャレンジしています。今回の取り組みにより、ユーザーからの情報提供などで指名手配被疑者捜査の一助になることを願うとともに、より多くの領域でテクノロジー・AI活用が推進される契機になれば幸いです」

>>ニュースリリース

台湾警察庁では身元確認や行方不明者の捜索にAI顔認証技術を活用

警察によるAI活用事例と言えば、台湾警察庁では身元確認や行方不明者の捜索にAI顔認証技術を活用している。

サイバーリンク株式会社は5月13日、独自のAI顔認証エンジン「FaceMe」が台湾の内政部警政署(日本の警察庁に相当)に採用され、警政署システムや公共安全関連アプリケーションの構築を支援することを発表した。

サイバーリンクは台湾に本社を置き、デジタルコンテンツの創作やマルチメディアコンテンツの再生、AI顔認識エンジンなどの多岐にわたるソリューションを開発している。FaceMeはアメリカ国立標準技術研究所の顔認識コンテストにて、台湾企業で最高の成績を収めた。世界で認められた、正確で高速な顔認識技術のひとつとされる。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。