記事

ドイツベルリン市慰安婦像設置

 ドイツのベルリン市ミッテ区モアビット地区内の公有地に、韓国系の市民団体「コリア協議会」がいわゆる従軍慰安婦像を設置しました。ドイツの公有地に設置されたのは初めてです。

 像の台座にある碑文には、日本軍が無数の女性を誘拐して「性奴隷」を強要したとの、史実に基づかない記述があることがわかっています。

 ベルリン市側は「芸術作品として設置を許可した」とありますが、慰安婦像設置は何ら根拠のない虚偽を前提にしたプロパガンダでしかなく、決して許されないものです。

 当然わが国の政府は、慰安婦像の撤去に向けて働きかけを行っております。
 私も、持っているあらゆるルートを活かし、撤去に向けて尽力してまいります

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。