記事

ドイツベルリン市慰安婦像設置

 ドイツのベルリン市ミッテ区モアビット地区内の公有地に、韓国系の市民団体「コリア協議会」がいわゆる従軍慰安婦像を設置しました。ドイツの公有地に設置されたのは初めてです。

 像の台座にある碑文には、日本軍が無数の女性を誘拐して「性奴隷」を強要したとの、史実に基づかない記述があることがわかっています。

 ベルリン市側は「芸術作品として設置を許可した」とありますが、慰安婦像設置は何ら根拠のない虚偽を前提にしたプロパガンダでしかなく、決して許されないものです。

 当然わが国の政府は、慰安婦像の撤去に向けて働きかけを行っております。
 私も、持っているあらゆるルートを活かし、撤去に向けて尽力してまいります

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  2. 2

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  3. 3

    『バイキング』が“トンガ頭痛”と紹介…「差別を助長」と批判殺到

    女性自身

    01月19日 10:08

  4. 4

    世論調査の怪。立憲から剥がれ落ちつつある「野党第一党効果」とは何か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月19日 09:13

  5. 5

    「正社員を引きずり下ろしたい」"みんなで豊かになる"物語を失った日本の末路

    PRESIDENT Online

    01月19日 11:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。