記事

情報通信白書2012

■ 情報通信白書2012
リンク先を見る

 情報通信白書2012が発表されました。

 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/


 スマホ効果7兆円がクローズアップされていますが、  http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120718_547302.html  厳しい実態も多く指摘しています。  ぼくは編集委員として携わっていましたが、その目から見たポイントをいくつか挙げてみましょう。

1) インフラ:優位性が縮まり、ネット普及率が他国に抜かれつつある。モバイルネット普及率も先行していたが、差が縮まってきている。 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc113120.html

2) 産業:ハード企業の売上成長率は米欧韓中に劣る。ソフト企業も2011年は米欧韓がプラスor横ばいだが日本はマイナス。  http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc113330.html

3) 輸出:ICTサービスの輸出/GDPは調査対象25か国中最下位。ハードウェアの輸出の落ち込みも大きく、内需型に。  http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc113150.html

4) 利用:公的分野のICT利用が低迷。公的機関への個人ネットアクセスは調査対象18か国中最下位。  http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc113130.html

5) ユーザ:WEFによる「消費者洗練度」は最高評価。今後の競争力の源はユーザにあり。  http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc113150.html

6) トレンド1:スマート革命のイメージとして、マルチデバイス×クラウド×ソーシャルへのメディア変化と、「ビッグデータ」の活用とを合わせて記述。ケータイ・ネット・コンテンツ後の姿を模索。  http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc120000.html

7) トレンド2:スマートテレビ、放送・ソーシャル連携をクローズアップ。地デジ・融合後の姿を模索。  http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc123210.html

8) トレンド3:10〜20代が「楽しみ・話題性」の点でソーシャルメディアの評価が新聞・雑誌を上回ったことに注目。  http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc123340.html

9) トピック:第3章として「大震災からの教訓とICTの役割」。昨年は震災直後の編集だったので、改めて総括。 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc130000.html

トピックス

ランキング

  1. 1

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  2. 2

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  3. 3

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  4. 4

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    北朝鮮の高官が日本に賠償要求

    ロイター

  6. 6

    石破氏 2島返還論は概念的に矛盾

    石破茂

  7. 7

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  8. 8

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  9. 9

    空自は低価格の中国機を導入せよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    BTS炎上 思想なき浅はかさが原因

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。