記事

電話相談員は自費で参加のボランティア、運営資金の大半は寄付…自殺報道で報道機関が紹介する「いのちの窓口」の実態を知っている?

1/2

 「電話番号を伝えるだけ…で何かをやった気になるのは虫が良すぎるのではないか?」

 自殺したとみられる著名人について報道機関が伝える際、併せて相談窓口「いのちの電話」の電話番号を周知するケースが増えている。竹内結子さんの急逝を伝えるニュースでも同様の取り組みが広がる中、報道機関に苦言を呈するのが、テレビ番組のディレクターとして自殺問題を取材してきた放送作家の大嶋智博氏だ。

 「こういう相談窓口があるということを知っていただくことは大切だ。ただ、電話をかけてきた方々と向き合う“ゲートキーパー”たちがどのような状況にあるのかが、あまり知られていないと思う。実は相談してみようと思っても繋がらなかったり、受付時間が限られていたりすることも多い。それは人手もお金も足りないとい実情があるからだ。そこを知らせずに、“こういう窓口がある”ということだけを繰り返し放送し、書くのは無責任ではないかと考えている」。

 そもそも、私たちはこうした窓口の実情をどれくらい知っているだろうか。

■「高齢ボランティアのコロナ感染リスクに考慮し、台数を減らさざるを得なかった」

 報道機関が紹介している「いのちの電話」は1971年に東京で始まった取り組みで、現在は全国に約50の拠点がある。去年の受信件数(全国)は62万367件に対し、相談員は約6100人。これは全員がボランティア(平均年齢は60歳)な上、研修に9カ月~2年の期間が必要だ。この研修の参加費(2~8万円程度、自治体によっては補助金支給)も自費だという。

 「高齢のボランティアも多く、感染リスクを避けるためにコロナ禍では台数を減らさざるを得なかったし、そういう方々が若い世代からの相談を受け止めきれるのかという問題も出てくる」(大嶋氏)。

 受付時間はそれぞれ異なっているが、緊急事態宣言で13の拠点が相談を休止、今も時間短縮している拠点がある。「東京いのちの電話」でも、24時間から日・月・火は午前8時~午後10時、「千葉いのちの電話」では午前7時半~午後9時半と受付時間を短縮、また、相談員の新規研修も各地で中止になっているという。

 「東京いのちの電話」の場合、1件の電話の平均時間は29.6分だ、また、大阪府にある「関西いのちの電話」では、月に2000件の電話を受け付けているが、1件の相談が2時間近くに及ぶこともあるという。しかもコロナ禍でかかってくる電話は10倍以上に増えており、24時間休まずに電話を取り続けても、「取り切れない状態」だという。

 「東京や大阪では、それなりの体制を敷くことができているが、県によっては電話の台数よりも人の方が少ないというところもある。また、悩みの理由や背景は100人いれば100通りだ。いたずら電話かと思って聞いていたら、実は深刻な悩みがあったというケースだってある。“30分経ちました”と電話を切っていては、根本的な解決などできないし、それら全ての電話にきちんと向き合うためには、やはり訓練された方でなければならない。僕も取材後に研修を受けて参加してみようと思ったが、自分には無理だと思った」。

 さらに「いのちの電話」の運営資金の大半は寄付で賄われている。「東京いのちの電話」の場合、約3000万円の年間運営費のほとんどは寄付や募金の分配金なのが実情だ。

■ハヤカワ五味氏「メディアはコストの負担を」、カンニング竹山「放送しない選択肢も」

 ウツワ代表のハヤカワ五味氏は「メディアがある種の“免罪符的”な使い方をした結果、予算がないところに相談が殺到しているのであれば、メディアはコストを負担するとか、お金が流れるような仕組みを作らなければならないのではないか」と指摘。

 ジャーナリストの堀潤氏は「100人いれば、100通りの背景があるわけで、最大公約数で“こうしましょう”という提言はできないと思う。だからこそ、“なぜ、この人が?”と掘っていく報道が本当に正しいのかという思いがある。そうだとしたら、せっかくの“マスメディア”なので、一方的に伝えるのではなく、呼びかけや対話、解決のための相談会の役割を番組に担わせることもできると思う。自殺報道によって後追いの連鎖が起きてしまう“ウェルテル効果”がある一方、踏みとどまった方の話を伝えることによって、踏みとどまる連鎖を生む“パパゲーノ効果”もある」と訴えた。

 これに対しカンニング竹山は「全ての番組が堀さんの言うような対応ができるわけではない。尺の問題もある。そうだとしたら、著名人の自殺のニュースは扱わない、ということも一つの選択肢としてあると思う。ただ、そうすると今度はフェイクニュースも含めて騒ぎ出す人が出てきて、嫌な思いをする人も出てくる可能性がある。その匙加減がものすごく難しい」とコメントした。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。