記事
  • ロイター

米の対中関税巡るWTO判断は「客観的かつ公平」=中国大使


[ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)が今月15日に米国による2018年の対中関税措置が国際貿易ルールに違反していると判断したことについて、中国の張向晨・WTO駐在大使は28日、「客観的かつ公平だった」と述べた。

オンラインで行われた貿易会議で「パネルは客観的かつ公平な判断を下した」と指摘。「これにより、米中間の紛争の迅速な解決が促進されることを期待している」と語った。

米国のデニス・シアWTO大使も会議に出席していたが、同件に関してコメントしなかった。

WTOの紛争処理制度の最終審に当たる上級委員会は、米国が委員の再任を拒否したため、現在は機能不全に陥っており、米国が同件で上訴した場合、紛争は法的に無効となる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。