記事

2020年『キングオブコント』の演者はよくしゃべる。

1/2

高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

コント作家・放送作家として長く活動してきた筆者は、コント界の隆盛を願っている。もちろん、マンザイも落語も好きだし、笑いは何でも好きだ。マンザイも落語も劇も出来はともかくとして、書けと言われれば書くが、やっぱりコントを書くのが好きだ。だから、コントがもっと人気になって欲しい。


ところで、今のところ、コントはマンザイに比べて分が悪い。コントで売れても、大スターの道へは遠いように思う。近頃はちらほらコントの番組も見るようになったが、テレビのコントで笑ってもらえなくなってからも久しい。だから、コントの人もマンザイをやっているのだろうか?

ということで、2020の『キングオブコント』(TBS)である。

まず、素直な感想。9組の出演者はコントをやりながらよくしゃべる。総じて、しゃべり過ぎだと筆者は思う。「ここが笑いどころだ」と示すためにしゃべり、ボケを説明する為にまたしゃべる。こんなにしゃべったら、「君がコンビニの店員だとしよう」と、役をを割り振ってやるマンザイと同じではないかと思う。マンザイと同じで何が悪いかという人もいるかと思うが、やっているのはコントである。

コントは短くても物語(ストーリー)であり、芝居(演技)であると思う。言うなれば演技で表現する短編小説。物語なら、話が前にすすまなければいけないし、演技は上手でなければいけないと思う。さらに大事なのはコントの設定。設定があれば動きは自然と決まる。設定さえ優れていれば、あんなにしゃべらなくてもいいのに。

[参考]フジテレビ「ただ今、コント中。」が残念だった理由

1回戦9組それぞれの設定を見ていく。

<滝音>ラーメンの大食い大会なのに親切すぎる店員が現れて・・・。大食い大会だとばらしてから、どう動くかが、勝負。どれだけ手数が考えられるか。大食い大会だと分かったらギョーザは持ってこないだろう。それでもギョーザを持ってくるには店員の性格とか何か、見る者が納得できる理由が必要だ。

<GAG>河川敷にフルートの練習に来た女性と、中島美嘉役、草野球の選手、ぶつかると、それぞれの役設定が入れ替わってしまって・・・。帽子をかぶり替えると、役設定が変わるという名作コントがあった。変わり身の瞬間をピークに持っていくのだが、そのときの芝居をもっと練習すべきだ。

<ロングコートダディ>マッチョの作業員と、貧相な作業員。マッチョの作業員は、箱の重ね方に譲れない独自のルールを持っている、だが、その重ね方はどう見ても不合理で・・・。2人とも芝居は上手い。面白いが設定の論理が立ちすぎている。小劇場の芝居だったら、特殊な客に大受けするだろう。世俗的ではなかった。

<空気階段>霊媒師と、死んだおばあちゃんに会いたい男。霊媒師がトランス状態に入ると地域FMの電波が干渉してきて、霊媒師の頭を則ってしまう。違う人が降霊してしまうという設定はよくあるが、これは新しい。鈴木もぐらの風貌は大変コントむきの姿形だ。出ただけで笑えるというのは武器だ。2人とも芝居も上手い。立ち姿が安定している。

<ジャルジャル>競艇場にやってきた歌手。事務所の社長と、観客にやじられても負けずに歌えるように練習するが・・・。1回戦の得点は他組を大きく離してトップ。ジャルジャルの安定感か。ただし、僕はあまり評価しない。冒頭に書いたように、しゃべりすぎだ。彼らはマンザイも出来るから、ミスっても、しゃべりでカバーできてしてしまうのは、良いのか、悪いのか。

<ザ・ギース>新聞販売店を辞めていく初老の先輩、元気づけたい残る新人販売員。さてどうやって・・・。設定があまりにも普通。辞めていく事情、あるいは、元気づけたい理由の方に、もう少し設定を乗っければ、ハープを練習した成果が上がったのに。コント中、棒立ちになってしまうのは避けたい。

<うるとらブギーズ>名人の陶工とその弟子。焼き上がりの作品で「ダメ」なものは割ってしまうがタイミングがずれて「良い」ものも割ってしまう。撃つ撃たないを瞬間的に決めるシューティングゲームみたいなコントだ。設定に、工夫が欲しい。

<ニッポンの社長>下半身が馬の高校生。牛の少女。考えがちだなあ・・・。

<ニューヨーク>披露宴にやって来たやり過ぎの余興をする友達。これは設定ではない。

以上9組からファイナルに進んだのは、空気階段、ニューヨーク、ジャルジャルの3組。ジャルジャルが1回戦で500分の477点も獲得しているので優勝争いはほぼ結果が見えていたが、僕は、空気階段をもう一度見られるので満足だった。

[参考]漫才師のパタン9分類・ダウンタウンは何型か?

あわせて読みたい

「キングオブコント」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

    和田政宗

    12月08日 12:52

  2. 2

    日大・田中英寿前理事長の逮捕で “ドンの宿敵” が権力闘争宣言!「彼は最低の人間」

    SmartFLASH

    12月08日 09:09

  3. 3

    日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実 - フォーサイト編集部

    新潮社フォーサイト

    12月08日 09:47

  4. 4

    今世紀中に追いつくことは不可能…日本のドラマが韓国ドラマに大きく差をつけられたワケ

    PRESIDENT Online

    12月08日 15:36

  5. 5

    大阪万博は「カジノ有りき」だが、それで正当化を狙ったものではない

    木曽崇

    12月08日 14:24

  6. 6

    ひろゆき氏、幼児教育に懐疑論「民間療法みたいなもの。やりたい人がやればいい」

    ABEMA TIMES

    12月08日 13:21

  7. 7

    【追悼 川柳川柳師匠】軍歌を歌い続け「戦争体験」を伝え続けたオンリーワンの落語家

    松田健次

    12月08日 09:00

  8. 8

    新卒の「大企業へ就職」は負け? 発展性の乏しい大企業で何を学ぶかが大事

    川北英隆

    12月08日 09:41

  9. 9

    前澤友作さんら搭乗のソユーズロケットが打ち上げ

    ABEMA TIMES

    12月08日 17:17

  10. 10

    冬のボーナス、明暗分かれる 「支給なし」は旅館・ホテルで5割超

    キャリコネニュース

    12月08日 14:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。