記事

そう簡単にはコケそうにない菅内閣だが、中曽根さんの合同葬儀は厄介だ

いつかはやらなければならない大事な行事だという認識だったと思うが、こういう何かと物議を醸しだし易い行事は、安倍内閣の内に済ませておく方がよかったように思う。

バッドタイミングになりそうである。

臨時国会召集の直後に合同葬儀を挙行すれば、臨時国会での重要争点の一つに予備費の支出問題が浮上する。
加藤官房長官の説明ぐらいで大方の国民が納得するとはとても思えない。

一つ言い間違えただけで、議論が沸騰しそうだから、仕事師内閣をアピールしたい菅内閣にとってこの問題は結構厄介だ。

テレビでどんな風に話題になっているのか知らないが、ラジオでは結構批判の対象になっているようだ。

折角支持率が急上昇しているのに、どこで暗転するか分からない。

滅多にコケそうにはない菅内閣ではあるが、熱し易く冷め易いのが、最近の日本の世論である。

ご用心、ご用心、というところか。

あわせて読みたい

「菅義偉内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。