記事

学生、職場に心理的サポートを 今こそお節介を

悲しい死が続きます。コロナの影響とは関係ないかもしれません。ただ8月の自殺者の数は増えてます。

自衛隊時代、イラク勤務の後、帰国前にデブリフィーングやリフレッシュを行い自分たちの心のサポートをしましたが、数日はやはり緊張がなかなかとれないものでした。そしてそれとは関係ないかもしれませんが帰国後尊敬する先輩を亡くしました。

仲間みんなで連絡を取りあいました。連鎖が起きないようにみんなでサポートしました。幸い次はありませんでした。それでも辛い日々でした。

私たち(元)自衛隊医官は部隊管理のためメンタルヘルスも勉強します。それがしっかり教育として行われるようになったのはこのイラクの前から自殺者が自衛隊に多いということからです。

デブリーフィングも本当に正しいかどうかは意見は分かれているもので、いわゆるPTSD後の対処はとても難しく、基本個別の対応が必要なものと考えられています。

だからではないですが、できたら学校、職場の担当の方は、お節介でもいいからみんなに声をかけてください。特に芸能事務所の方、被害を最小にするためにカウンセリング含めて動いてください。行動は突然起きてしまうからこそ、この人は大丈夫だろうと思いこまずに声をかけてください。

それこそしっかり見守るだけの方がいいという考えもあります。であればしっかり見守ってください。どちらにしても組織は何か動いてください。

そして個人は下記を活用しましよう。誰かを頼ってください。今は嵐が過ぎるのを待つのです。
>◆相談窓口いのちの電話相談 0570-783-556=ナビダイヤル 午前10時から午後10時まで
>自殺予防「いのちの電話」 0120-783-556(なやみこころ)=毎月10日(午前8時から~11日午前8時)にフリーダイヤルの電話相談
>日本いのちの電話連盟はこちら(http://www.inochinodenwa.org/)
>全国のいのちの電話はこちら(http://www.inochinodenwa.org/lifeline.php)
>東京自殺防止センター(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター) 03-5286-9090=年中無休、午後8時~午前5時半(毎週火曜日は午後5時~午前2時半、毎週木曜日は午後8時~午前2時半 http://www.befrienders-jpn.org/)
私にできることでしたらネット環境でセカンドオピニオン等もやってます。コメントに連絡先を入れてください。リアルの診察をお望みなら笠間市の石本病院に連絡いただければ対処します。心療内科的な対応もなんとかできるので。

お節介な一人の医師からのお願いです。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    ハンストの菅野完氏「徹底抗戦」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。