記事

学生、職場に心理的サポートを 今こそお節介を

悲しい死が続きます。コロナの影響とは関係ないかもしれません。ただ8月の自殺者の数は増えてます。

自衛隊時代、イラク勤務の後、帰国前にデブリフィーングやリフレッシュを行い自分たちの心のサポートをしましたが、数日はやはり緊張がなかなかとれないものでした。そしてそれとは関係ないかもしれませんが帰国後尊敬する先輩を亡くしました。

仲間みんなで連絡を取りあいました。連鎖が起きないようにみんなでサポートしました。幸い次はありませんでした。それでも辛い日々でした。

私たち(元)自衛隊医官は部隊管理のためメンタルヘルスも勉強します。それがしっかり教育として行われるようになったのはこのイラクの前から自殺者が自衛隊に多いということからです。

デブリーフィングも本当に正しいかどうかは意見は分かれているもので、いわゆるPTSD後の対処はとても難しく、基本個別の対応が必要なものと考えられています。

だからではないですが、できたら学校、職場の担当の方は、お節介でもいいからみんなに声をかけてください。特に芸能事務所の方、被害を最小にするためにカウンセリング含めて動いてください。行動は突然起きてしまうからこそ、この人は大丈夫だろうと思いこまずに声をかけてください。

それこそしっかり見守るだけの方がいいという考えもあります。であればしっかり見守ってください。どちらにしても組織は何か動いてください。

そして個人は下記を活用しましよう。誰かを頼ってください。今は嵐が過ぎるのを待つのです。
>◆相談窓口いのちの電話相談 0570-783-556=ナビダイヤル 午前10時から午後10時まで
>自殺予防「いのちの電話」 0120-783-556(なやみこころ)=毎月10日(午前8時から~11日午前8時)にフリーダイヤルの電話相談
>日本いのちの電話連盟はこちら(http://www.inochinodenwa.org/)
>全国のいのちの電話はこちら(http://www.inochinodenwa.org/lifeline.php)
>東京自殺防止センター(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター) 03-5286-9090=年中無休、午後8時~午前5時半(毎週火曜日は午後5時~午前2時半、毎週木曜日は午後8時~午前2時半 http://www.befrienders-jpn.org/)
私にできることでしたらネット環境でセカンドオピニオン等もやってます。コメントに連絡先を入れてください。リアルの診察をお望みなら笠間市の石本病院に連絡いただければ対処します。心療内科的な対応もなんとかできるので。

お節介な一人の医師からのお願いです。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  9. 9

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。