記事

日本の労働者よ怒れ

労働分配率の推移を分析した。労働分配率とは、日本国全体から見ると、国民総生産(GDP)のうちの何割が人件費として支払われているかである。結果はと言うと、日本の労働者の怒りを誘うものだった。

労働分配率の具体的な計算は、企業が生み出す付加価値(人件費、減価償却費、企業の営業利益の合計であり、企業の生み出す付加価値がGDPの大きな割合を占める)のうち、人件費が何割なのかを割り算したものである。結果はアップした図表のとおりである。

見てすぐわかるように、労働分配率は低下傾向にある。2008年と09年に大きく上昇したのはリーマンショックのためであり、企業が賃金を大幅アップしたからではない。

リーマンショックの後、13年に始まったアベノミクスによって景気が少しは回復し、一方で労働分配率が低下した。政府はアベノミクスの効果を強調しているが、一般には景気がそんなに良くなったとは実感できないでいる。それは賃金が大して上がらず、企業が増えた利益の大部分を囲い込んでいるからである。

もっとも、その企業の利益率が世界水準に達したのかといえば、依然として低いままなのだが。

別の見方をしておこう。労働分配率が下がったとしても、もしも賃金水準が上がっていたのなら、文句の声は大きくならない。現状は、GDPが大きく増えない中での労働分配率の低下だから、賃金水準は大きく上昇しなかった。

企業は欧米並みの利益率を求め、賃金を上げることなく済まそうとしてきた。しかし、賃金が上がらないのなら、誰もが消費に消極的になる。と、国内の需要が増えず、企業の儲けは伸びない。縮小均衡とまでは言わないが、これでは好循環が生じない。

要するに、多くの日本企業の経営がよろしくない。「社長や役員は何してるんや」でもある。「もっとしっかり経営して、ワテらの給料を上げろや」である。日本の所得水準、シンガポールに抜かれ、韓国に追いつかれつつあるのも、このような日本の企業経営が大きな原因である。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  2. 2

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  3. 3

    連合は参議院選で推薦した候補者が共産党と共闘なら推薦を取り消しへ

    早川忠孝

    01月22日 15:40

  4. 4

    “政権批判”から“政策立案”へ 変わる立民に身内からは懸念を示す声も

    ABEMA TIMES

    01月22日 11:10

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。