記事

9月27日(日)ムネオ日記

24日毎日新聞夕刊2面「特集ワイド」のインタビュー記事は、社民党党首福島瑞穂さんだった。

 「『独裁政治』継承の第一歩『従わない官僚左遷』菅首相が発言」という見出しである。

 正確を記すために記事の一部を紹介したい。
「恐怖政治の第一歩ですよ。独裁政治をやると宣言したのですから」。福島さんは早速、菅首相の最近の言葉に激しく反応した。自民党総裁選のさなかの13日、テレビの報道番組で政権の決めた政策の方向性に反対する官僚について、「異動してもらう」と述べた発言のことだ。

 福島さんは省庁間で官僚の意見が異なるのは当然だと主張する。「例えば経済成長重視の経済産業省と、環境政策を担う環境省はおのずと立場が違うこともある。それなのに、官邸の考えに従わない官僚は左遷させるぞと明言したわけで、こんなにあからさまな物言いの首相はいませんでした。これまで政権の黒衣に徹してきた菅さんが、いよいよ本性をむき出しにし始めた」と警戒感をあらわにする。
 日本の政治は独裁だろうか。福島さんはどこかの国と勘違いしているとしか思えない。

 日本の国会では、一部メディアに出たことを引用し、自由に好き勝手に事実でないこと、裏付けのない話を行っている。これほどの自由はあるだろうか。

政権の決めた政策に反対する官僚は異動させることは当然ではないか。「従わない官僚左遷」は当たり前のことである。サボタージュしている官僚では仕事が進まない。

官僚は間違った政策、判断をしてもクビにもならないし、身分は守られる。しかし政治家は、間違った政策を行うと選挙で落選するのである。この差を福島さんはどう考えているのだろうか。

 19年前、国会で全く事実でないことを言われ「ムネオハウス」とか「疑惑の総合デパート、総合商社」とか私は言われメディアバッシングに遭い、こうじて国民はそんな悪い奴は捕まえてしまえという雰囲気になってしまい、国策捜査が行われた。

 私はこうした理不尽なことは二度と再びあってはならない。私だけにしてほしいと常々考えている。

 国民から選ばれた国会議員は、もっと言葉に責任を持つべきである。過激なマスコミ受けを狙ったような言い方は慎むべきではないか。

 反対の為の反対、批判だけの政治家はいらない。お互い見識を持って正しい表現をする政治環境にして行きたいものである。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。