記事

最高裁判事候補はゴリゴリ保守でトランプの秘蔵っ子

2/2

 バレット判事は、雑誌記事で「命は受胎の時に始まる」と発言したことがあり、人工中絶に反対の立場をとる。アメリカでは、1973年のいわゆる「ロー対ウェイド判決」によって中絶が女性の権利と認められた(原告女性と、対抗した検事の名を取ってそう呼ばれている)。バレット氏は、トランプ政権の移民規制や銃規制緩和にも賛同している。

 特に中絶反対の立場は多くの女性から反感を買っている。ある宣伝会社勤務の女性はバレット氏への嫌悪感を隠さない。「あんな保守的な女性を最高裁の判事にしたら、女性に対する偏見がますます悪化する。女性の解放を考えなければいけない時代に人工中絶の是非で国を二分するなどナンセンスだ。最高裁判事は、ものの価値を正しく理解し、様々な角度から深く、鋭く検証して、人間と社会のために判決を下す人でなければならないと思う。情熱をもって世界の進歩に取り組む人に判事になってもらいたい」。

 バレット氏は、2017年にトランプ氏によって今の地位に指名され、その時も上院で民主党から激しく反対された人物だ(共和党多数により55対43で承認)。いわばトランプ氏の秘蔵っ子である。夫は元連邦検事で、2人の養子を含めて7人の子供がおり、夫妻の間に生まれた一番下の子供はダウン症だと公表している。そうしたプライベートな経歴も、困難な生活から努力して立ち上がったロールモデルを好む共和党には人気なのである。

 筆者は、トランプ氏が最高裁で大統領選挙の結果をひっくり返そうとしているとまでは思っていないが、急速に再選から遠ざかっている現状を打破する作戦ではあると思う。中絶問題は国中を紛糾させる。大失敗のコロナ対策や外交から国民の目をそらすには絶好のインパクトある話題である。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  5. 5

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    子ども脅かす爆撃機に日本の技術

    田中龍作

  10. 10

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。