記事

BRTはメトロより快適で利便性の高い公共交通機関になれる

[画像をブログで見る]

リニューアルして週2回定期更新!ユーチューブ内藤忍チャンネル【投資のプロが解説!人生を変える「お金の成功戦略」】を是非ご覧ください!

以前、東京の郊外に住んで毎日通勤していた時は、バスで通勤するのが快適でした。

世田谷や目黒のターミナルまでのバス便の始発駅の近くに住み、渋谷駅や目黒駅まで15分から20分くらいバスの車内にゆっくり座って、書籍の執筆などを行っていました。

私がメトロよりもバスにメリットを感じるのは、階段や改札が無く乗降が簡単で、地上を走って気持ちが良いことです。大江戸線のようなメトロはホームに行くまでに時間がかかり過ぎで非効率です。

また、バスの方が小回りが効きますから電車よりも運行本数を増やすことが簡単にでき、利便性を高められる柔軟性があります。

しかし、バスは渋滞で時間が不定期になったり、雨の日に遅れたりするデメリットがあります。

日本経済新聞が報じているように、10月から虎ノ門ヒルズ〜晴海間で実証実験が始まるBRTは、そのようなバスのデメリットを解消する新しい交通手段になる期待がありました(図表も同紙から)。

ところが、当初の実験では、スピードアップのための信号との連動も見送り、連結FCV車両の導入もなく、チケット券売機の設置も間に合わず、築地付近の道路の立体交差の工事が終わらない・・・準備不足が目立つスタートになりそうです。

そんな、ないないずくしのスタートとなりますが、今後改善が行われれば、メトロよりも低コストで、極めて魅力的な交通手段になる可能性があると思っています。

中央区では新たに地下鉄建設の必要性を唱える人もいるようですが、まずはBRTの整備をしっかり行い、魅力的な神交通手段として定着させることを優先すべきと思います。

■【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年9月27日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「交通機関」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。