記事

FAX廃止の本丸、実は「書類文化」にあり?!名刺のペーパレス化はいつになるだろうか…

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

昨日のブログに引き続き、今日もデジタル化ネタです。

「ハンコの次はFAX廃止!」

ということで、狙いは的確だと思います。2013年に私自身が都議会議員として政治・行政の世界に入ってきた際、FAX利用率のあまりの高さに衝撃を受けたものです。

当時、自分の事務所にFAXを設置する気はなかったのですが、重要連絡のほとんどがFAXでくるのでやむなく設置した記憶が。。

昨年国会に来てからも、まだまだメインの連絡手段が「FAX」である状態はあまり変わりません。

ただこれ、FAXを単なる「通信手段」だと考える場合が多いと思うのですが、廃止にあたっての本丸は「紙文化・書類文化」そのものなんですよね。

どういうことかと言いますと、単なる通信手段として考えた場合、実は「書類」をベースに考えるとFAXの方が優れている・便利だということになります。

「書類」で保管・運用することが基本となっている場合、

・送信者側は書類をPDF化する手間が発生

・受信者側は送られてきたPDFファイルを印刷する手間が発生

することになります。FAXだったら、どちらも一発送信すればその後は送ったものor送られたものをファイリングするだけなので、FAXの方が工数が少ないということになるわけですね。

なので、

「『紙』の資料で議員に渡す」
「資料は『紙』で会議の卓上に配布する」
「終わった後は『紙』でファイリングして保存しておく」

などの紙文化・書類文化そのものが見直されない限り、FAXは便利な通信手段として生き残っていくことになります。

これはなかなかスケールの大きい闘いになりますが、ぜひ次世代のためにもここらでケリをつけたいところですし、河野行革担当大臣の方針を応援したいと思います。

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。