記事

中曽根さんの合同葬儀に大枚の国費を使っていいのかしら?

多分、これは自民党にとってマイナスになる。

大勲位である中曽根さんをそれなりの儀式で見送ること自体には賛同するが、さて、中曽根家の皆さんはそれでよしとされるのだろうか。

歴代総理の葬儀がこれまでどんな形式で行われてきたのかをまずは詳らかにしていただきたいところだが、どんな葬儀も、あまりにも華美なものはお止めになった方がいい。

予備費から1億円近くもの支出をすることを閣議決定したという報道が出回っているが、さて、国民の皆様は納得されるだろうか。

菅内閣が進めようとされている一連の改革には心から賛同するが、どうもこの閣議決定についてはもろ手を上げて賛成などとは、とても言えない。

自民党と中曽根家の合同葬儀なら分かるが、さて、内閣と自民党の合同葬儀などあり得るのだろうか。

これは、腹に落ちない。

本当に大丈夫なのかしら。

あわせて読みたい

「中曽根康弘」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。