記事

伊勢谷逮捕で「大麻は特別」と主張強める一部ネット民の誤謬

伊勢谷友介逮捕で大麻擁護論者がネットで勢いづく(時事通信フォト)

 1948年に制定された日本の大麻取締法は、無免許の大麻取り扱いを禁止する法律であり、使用については罰則がない。これは幻覚作用を引き起こす物質が、麻製品産業に関わる人や、七味唐辛子などに使用される成熟した種子からも検出されるため、幻覚が目的の薬物乱用者と混同しないためのものだ。中毒者についてはちゃんと対処する法律があるのだが、そこには目を向けず、有名人が大麻で逮捕されると「意味がない法律でまた逮捕者が出た」「早く大麻を合法化すべき」といった声がSNSをかけめぐる。それと同時に、大麻は他の薬物とは違うといった、奇妙な選民意識も見せつける。伊勢谷友介の逮捕でまたしても強くなった、彼らの「大麻は特別」とはいったい何なのか、ライターの森鷹久氏がレポートする。

【写真】カナダでは大麻を合法化したが…

 * * *

 俳優・伊勢谷友介が大麻所持で逮捕された。一般人からこの事件をみると、NHKの大河ドラマや民放の人気ドラマに出ていた現役俳優が薬物を使用していた、というように映り、国民の間に「衝撃が広まった」とも言えるのかもしれない。他方、伊勢谷のファン……もとい、伊勢谷の言動や理念に共感するという人たちの間では、伊勢谷に対する信頼が深まり、伊勢谷の言っていたことが「真実では」というような声すら上がる。一体どういうことか。

「ションベン(尿検査)でシャブ(覚せい剤)とかコーク(コカイン)が出てきたらガックリきてたと思う。でもやっぱり、クサ(大麻)だけだったでしょう? 伊勢谷さんの動画見ました? ナチュラル(自然)に囲まれて、青空の広がるベランダでチル(大麻の吸引)。傍らには可愛い彼女……マジな幸せの形。金じゃないです、伊勢谷さんは」

 スマホの向こう側で「それ見たことか」と言わんばかりに食い気味に、まくし立てるように主張する男性・近藤孝仁さん(仮名・40代)とは以前、危険ドラッグの取材を通じて知り合った。大麻の所持や売買で前科三犯、現在は家族ができて「(大麻は)スッパリやめた」というが、大麻自体を決して否定しない。いや、否定するどころか、伊勢谷のことを擁護する。

「大麻は自然のもの、依存性だって酒やタバコより低い。海外では病気の治療にだって使われる。大麻の薬効成分で体がダメになるというより、大麻で捕まった際の社会的影響によって人生が狂うとも言われましたが、これが真実でしょう。大麻の有効性が知れ渡ると困る人たち、支配層がいる。金持ちの下に病院や警察がいて、大麻を取り締まる、全ては金儲けのため」(近藤氏)

 実際、伊勢谷は自身のSNS上に「大麻で人生崩壊するのは難しいと思うけどな。それならお酒の方が簡単だ」と、大麻を擁護し、酒の危険性を訴えるような書き込みを残している。伊勢谷と近藤氏に通じるのは「大麻使用は悪くない」という本音であろう。ちなみに、薬物依存については使用パターンや頻度、量、摂取する人が若年層かどうか、といったことによって危険度は大きく違ってくるので、危険性が高い薬物どうしを比べて●●は安全、といった比較は意味がないという専門家からの指摘があることを付け加えておく。

 ところで、大麻について伊勢谷や近藤氏と同じような訴えをしている人物がいる。この例を出せば大麻擁護者たちから「恣意的だ」と言われるかもしれないが、神奈川県相模原市の障害者施設で入居者19人を殺害、26人に重軽傷を負わせたとして今年3月、死刑が確定した植松聖死刑囚である。事件を取材し、横浜拘置支所で植松と接見した全国紙記者がいう。

「危険ドラッグや精神薬をやると脳が壊れバカになる、大麻はその逆で地球の力がある、というような主張を、接見に来た記者全員に説いていました。植松は、危険ドラッグの使用経験もあり、罪であることも自覚していましたが、大麻については違いました。『大麻精神病』が事件を引き起こすきっかけになったという弁護団の主張方針を嫌っていて、大麻を悪く言うなと繰り返し主張していたのです」(全国紙記者)

 植松死刑囚もまた、前述の近藤氏同様、大麻は自然からの贈り物でありいわゆる「薬物」とは別物だと捉えていたようだ。逮捕された伊勢谷を擁護する声には、こうした主張の他に、彼が逮捕されたからこそ、主張が正しかったのではないか、とする見方も広がっている。記者が続ける。

「伊勢谷のSNSなどには、大麻は悪くないのだと主張するユーザーの書き込みも見られました。そもそも『犯罪をしている』という自覚がなく、もっと言えば、権力者が大麻を『犯罪にしている』のだから、自分達は悪くないという開き直り。植松死刑囚も、自身の犯行を正当化しましたが全く同じ理屈です」(全国紙記者)

 他にも複数の「大麻擁護論者」に話を聞いたが、伊勢谷を非難する人間はほとんどいなかった。日本では禁止されているので、そんなにやりたいのなら海外に行けば良い、という声は若干だが聞かれた。また、日本が大麻の所持や売買を違法化しているから犯罪組織の資金源になる、といった声もあったが、それは違う。一部の州などで嗜好用大麻の売買が違法ではなくなったアメリカでも、結局、反社会的組織がいまだに大麻の売買に関与し、問題となっている。海外では合法という言葉が擁護論者からはたびたび聞こえてくるが、現在、大麻が合法化されているのは世界でわずか3か国(ウルグアイ、アメリカの一部の州、カナダ)。しかも、その合法化は日本も含めたほとんどの国連加盟国が加わる国際条約「麻薬に関する単一条約」で禁じられているため、国連から厳しく非難された。ちなみに、オランダは合法なのではなく非犯罪化であり、大麻所持や販売について厳しく管理することで他の禁止薬物の乱用を押さえ込んでいる。擁護論者が訴えるように、大麻は世界で「合法」にはなっていない。

 違法行為であることを認識しながら、それを実行することは、法治国家において取り締まりの対象となる。大麻の有用性を唱えたい、主張したいのであれば、現行法を厳守しながら法律を変えていく運動をすれば良い。違法行為を違法だとわかっていて行う人間がいくら大麻の有用性を主張したところで、誰が信用しようというのか。さらに──。

「今年初めから伊勢谷の行動確認を行なっていた当局ですが、捜査の中で伊勢谷に近い関係者の存在が浮かび上がり、逮捕はこちらが先ではないか、という見方もあった。この人物は大麻以外の薬物の疑惑もあるのですが、使用者が違法なものを確実に所持しているタイミングを慎重に測る必要があります。常習度が高く、より自信を持って逮捕に持ち込める伊勢谷が先になった」(全国紙記者)

 別の薬物ではなく「大麻だから逮捕された」という口実がなくなれば、伊勢谷を擁護する声のトーンも下がる。当局は、大麻だろうが覚せい剤だろうがコカインだろうが、所持や売買、使用などの違法行為が行われていればただ検挙するのみなのである。

 簡単に自身の意見を表明できるネット上では、自己都合による解釈に重きを置き、知りたいことしか知ろうとしないという人たちが一定数いる。そのため世界で例外的な大麻の合法化が標準であるかのように語り始めるなど思考が偏重し、一般的に悪いことでさえも屁理屈をこねて正当化しようとする動きが目立つ。このような人々は、やたらと声が大きいのも特徴で、一部分だけを切り取れば、この声こそがマジョリティなのではないかと錯覚するほどである。特に大麻による事件が起きるたびに妄信的な人々が騒ぎ出すのは、ネットでの情報収集の難しさを象徴しているようにしか見えない。

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。