記事

飲酒運転の元TOKIO山口達也容疑者、保釈後に異例の家宅捜索


ジャニーズ事務所の人気バンドグループ「TOKIO」の元メンバー、山口達也容疑者(48)が9月22日、事もあろうに酒を飲んでバイクを運転し、信号機で停車中だった乗用車に後方から追突、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で警視庁に逮捕された。今や容疑者の立場は〝一般人〟であるにもかかわらず、単なる「芸能ニュース」の枠を超え、連日「一般ニュース」でも報じられている。

飲酒後にハーレーダビッドソンを漕いでいた

「山口は自宅マンションで1人飲み明かし、その後にバイクで友人宅に向かう途中だったと言います。事故現場での呼気検査では基準値(1ℓあたり0.15mg)を大幅に上回る0.7mgのアルコールが検出されました。量としてはビールを中瓶で7〜8本飲んだ感じです。自宅を出る数時間前まで飲酒していたようですから、完全に酒気帯び運転でした。そんな状態でハーレーダビッドソンの大型バイク(1200cc)を運転していたなんて信じられません。

周囲からも目立つし、酒を飲んで運転が出来るようなバイクではありませんよ。おそらく多少の飲酒でも運転し慣れていたのだと思われます。どちらにせよ、山口は『この程度だったら…』と思っていたはずです。自覚のないまま運転した挙句に事故を起こしたわけですから、報道によって世間から叩かれるのは当然の報いでしょうね」(芸能記者)

しかも、飛んで火に入る夏の虫ではないが、追突した乗用車を運転していたのが警視庁の男性警察官。山口容疑者にとっては運が悪かった? 前出の芸能記者は言う。

「乗用車を運転していた男性警察官は非番で、この日は私用で運転をしていたようです。もっとも追突されたと言っても、実際には大した事故ではなく、それこそ『おいおい』程度だったはずです。ただ、車から下りて山口と対面した際に酒の匂いがしたことから状況が変わったと言います。

110番通報をしたのですが、そこは警察官だけあって対応が早かったわけです。ヘルメットを絶対に脱ごうとしなかったようですから、山口も動揺していたのだと思いますよ」

その山口容疑者は24日夜になって釈放された。東京地検が勾留請求していたが東京地裁が却下。「さらに勾留を認めない決定を不服とした検察が準抗告していたのですが、それも認められなかったのです」(司法関係者)

しかし、同夜になって警視庁は板橋区内にある山口容疑者の自宅マンションを家宅捜索している。

「実は逮捕した段階から家宅捜索の令状は取っていたようですが、勾留請求が認められなかった。そこで釈放後の家宅捜索になったのだと思いますが、飲酒運転で家宅捜索するなんて異例のことです。捜査関係者は、山口本人が自宅で飲んでいたと自供しているので、その容疑の裏付けのための捜索だと説明していましたが、果たしてそれだけなんでしょうかね、気になるところです」(芸能関係者)

今回の飲酒事故は、さらに別の動きが出てきそうな気配も漂わせているのだが…。

あの事件から2年 断てなかったアルコール


山口容疑者といえば2年前の2018年、飲酒して女子高校生に「強制わいせつ」をした容疑で大きな問題となった。いわば〝前科者〟である。

「この事件は、NHKの番組(Eテレ「Rの法則」)で出会った女子高生を自宅に招き入れて、酒に酔った挙句にわいせつ行為(無理矢理にキスを迫った)をしたというものでした。しかも、この時も山口は自分の起こした行為に『悪いことをした』という自覚がなく、それどころか『酒を飲んでいて記憶にない』などと言い訳をしていました。

ジャニーズ事務所も入って交渉をしたのだと思いますが、被害者の女子高生とは示談が成立し、不起訴(起訴猶予)となったんです。でも、本来は起訴して刑事罰を与えるべき事件でした。最終的に山口はTOKIOのメンバーから外れ、ジャニーズ事務所との契約も解除しましたが、その後もメンバーは厳しいことを言いつつも優しかったし、山口の再起を陰で応援していたのだと思います。いま改めて振り返ってみると、それが甘過ぎたように思います。

今回の事件でも分かりましたが、全く学習をしていない。大して反省をしていなかったことが露呈してしまったことになります」(プロダクション関係者)

振り返れば事件後の記者会見で、TOKIOの松岡昌宏(43)が言い放った、

「ハッキリ言って、あなたは病気です。酒が悪いのではなく、あなたが悪いのです」

との言葉が思い起こされる。

松岡自身も「酒好き」を公言し、酒場を巡る番組にも出演しているだけに、今回の山口容疑者の行為は迷惑なことだったに違いない。

いずれにしても、酒によって人生最大の大失態を引き起こしているのだから、当然反省して「断酒」を続けると思われていたのだが、山口容疑者には無理だったのだろう。

ただ、事故を起こした前日(9月21日)は、TOKIOのデビュー日でもあった。

そんなことから「どこかやるせない気持ちもあって、ついつい酒を飲んでしまったとも考えられる」と、一抹の同情をする芸能関係者もいる。

「脱退した後も、山口にとってはTOKIOが心の拠り所だったのかもしれません。メンバーの国分太一(46)は今回、(デビュー日の21日に)ファンに届けられた会報で『TOKIO5人はグローバルに活躍の舞台を広げていきます』とメッセージを寄せていました。つまり、残ったメンバーの気持ちとしては『いまでもTOKIOは5人』と言いたかったのでしょう。特に、来年3月にはメンバーの長瀬智也(41)もジャニーズ事務所を退所してしまいますから、今年の21日は特別な日でもあったはずなのです」

だからと言って、酒を飲んでの運転が許されることではないことは誰でも分かる。

「ジャニーズを離れてからのここ2年間の生活は決して楽ではなかったと思います。今回、事故を起こしたのは練馬区でしたが、実際には板橋区に家賃8万円程度のマンションを借りて住んでいたようで、バイクに乗ることがストレス解消だったのかもしれません。ただ、そんなマンションに、身分不相応なバイクを駐車していたんですから、感覚が鈍っているとしか言いようがありませんが」(前出の芸能関係者)

山口容疑者に適切な治療を

ところで、山口容疑者が逮捕された翌23日には、かつて「NHK紅白歌合戦」にも出場したことのある男女3人組ロックバンド「ヒステリックブルー」の元メンバーでギタリストの二階堂直樹容疑者(41)が、強制わいせつ罪で埼玉県警朝霞署に逮捕された。二階堂容疑者は朝霞市の路上で帰宅途中の20代女性をわいせつ目的で押し倒して軽傷を負わせたとのことだ。

「二階堂は04年にも女性にわいせつ行為をして強盗・強制わいせつなどの容疑で逮捕され、その後、都内で9人に乱暴していたことも発覚して懲役12年の実刑判決を受けていました」(捜査関係者)

こうしてみると、〝酒癖〟と〝性癖〟と言うのは、間違いなく「病気」なのだろう。この際、山口容疑者も一段落したら入院して、しっかり治療した方がいいかもしれない。

あわせて読みたい

「山口達也」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  9. 9

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  10. 10

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。