記事

保守団結の会 対中政策の根本的な見直しを求める決議

 昨日、私が代表世話人をつとめる「保守団結の会」で勉強会を開催し、 政府の対中政策の根本的な見直しを求める決議をとりまとめました。


 習近平中国国家主席の国賓来日を正式に取りやめることや、軍事力を強化し一方的な現状変更を試みる中国に対抗するため日本の防衛力を強化すること、中国の「目に見えぬ侵略」に対抗するため体制を強化することなどを盛り込んでおります。

 勉強会の様子の一部がこちらで取り上げられておりますのでご覧ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0025593a48fe200c42ba0caea782fd8c9899f56

 本日、この決議をもって官邸の岡田直樹官房副長官と、下村博文自民党政調会長へ申し入れをおこなっています。

 【お知らせ】
 本日発売の月刊WiLL11月号に、私と大阪大学名誉教授加地伸之先生との対談記事が掲載されています。テーマは、『政府はなぜ尖閣学術調査を拒むのか ゴーマン中国に「ノー」と言え』
 ぜひお買い上げ頂き、ご覧ください。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。