記事

節税効果が高い「教育資金」 贈与税の後払いができる制度も

教育資金として相続対策する場合の注意点は?

 相続税で取られるくらいなら、子供や孫のために財産を使いたい──そう考える人も多いだろう。相続税対策も兼ねて子や孫の学費などを援助するには、「教育資金の一括贈与」が便利だ。夢相続代表で相続実務士の曽根惠子氏が解説する。

【一覧】年110万円を超えると高い課税率(暦年贈与)、2500万円まで非課税だが暦年贈与と併用不可(相続時精算課税)など、相続税対策の注意点

「教育資金の贈与が1500万円まで非課税になる制度で、金融機関に専用口座を開設して、使った分の領収書を金融機関に提出したり、申告書を税務署に提出するなどの手間がかかります。

 教育資金は口座を作らなくても基本的に非課税ですが、本人が高齢で小さな孫のために一括して教育資金を残しておきたい場合には、この制度が役立ちます」

 ただし、年齢に期限がある。

「贈与を受けた人が30歳になったら口座を解約しなくてはならず、その時までに使いきれなかったお金をそのままもらう場合は贈与税がかかります。余った分は、贈与税を払って受け取ることになります」(前出・曽根氏)

 贈与税の後払いと言えるのが「相続時精算課税制度」だ。

「60歳以上の父母又は祖父母から20歳以上の子供・孫が生前贈与を受ける場合、合計2500万円まで贈与税を課税しない代わり、被相続人が亡くなるタイミングで、その分の相続税を払う制度で、贈与の際に税務署に届け出が必要です。相続税のほうが税率が低いので、税額を減らせるメリットがあります」(前出・曽根氏)

 一方で思わぬ重税になる怖れもある。

「仮に2500万円の不動産を生前贈与した場合、相続時に不動産が値下がりして1500万円になっていても2500万円で申告する必要があり、税額で不利になります。

 今は将来的に値下がりする可能性が高く、不動産でこの制度を利用するならリスクも考慮したい。また、暦年贈与ができなくなるというデメリットもあるので注意が必要です」(前出・曽根氏)

※週刊ポスト2020年10月2日号

あわせて読みたい

「贈与税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  2. 2

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  3. 3

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  4. 4

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  5. 5

    廣瀬爽彩さんの重大事態:旭川市教育委員会からヒアリングを行っての決意

    山田太郎

    10月24日 16:02

  6. 6

    世界もびっくり:日本で新型コロナウイルス感染者が激減

    舛添要一

    10月24日 16:21

  7. 7

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  8. 8

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  9. 9

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  10. 10

    岸田政権、総選挙後は維新の協力不可欠 菅前首相に頭を下げる展開も

    NEWSポストセブン

    10月25日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。