記事

菅総理の「国家像」は、あるのか

菅総理が、先の4連休中で、10名に及ぶ「有識者」と会談し、意見を聞いたということです。

報道では、総理就任直後にスタートダッシュ、とされていますが、私は全く違う見方です。「総理になってから勉強なのか」と。総理たる者がしっかり持っているべき「国家像」を菅氏は持っていたのか、と。そのような深みのある準備を、菅氏はやってきていたのか、と。

菅総理が抱く「国家像」とは何なのか。

秋の臨時国会は10月後半か、という見方が出てきています。森山自民党国対委員長もそう言ってます。

臨時国会では、「国家像」の議論を戦わせる場としていきたいと思います。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。