記事

PCR検査の2つのニュース 基本お金と補給をどう詰めるか

あの世田谷モデルが事実上ストップしそうです。

>同方式(プール方式)は日本では実証実験の段階を出ておらず、現時点で厚生労働省から国費負担による「行政検査」として認められていない。区は同方式の導入を当面見合わせ、従来通りの検査で実施せざるを得なくなった。そのため「検査終了まで年内を過ぎる可能性がある」

まあ検査して結果が出るのがNYのように4日後だと感染防止において検査自体に全く意味がありません。

>また、施設内感染を完全に押さえ込むため、無症状の感染者を一人残らず見つけ出すには、定期的に検査を繰り返す必要があるが、財源確保が事業継続のネックになる

みんなから指摘されている1回だけの検査では意味がないという当たり前のことです。有効な検査数を確保するのならお金が足りないということ。こんなこと発表する前にわかってなかったんでしょうか。

そこに1件2000円でPCR検査をすると孫さんが発表しました。
(今自費で検査やっている医院のおよそ10分の1以下)
以前のソフトバンク関連の記事です)



まだ個人向けではないようですが、それこそ世田谷区と共同でやるのならお金においては現実性が出てきます。(ただ児玉先生と世田谷区は協力してますのでなかなかそうはいかないでしょう)

このSBの検査の問題は陽性者が出たときに実際どう対処するのか保健所との調整が詰めきれていなかったことです。今回資料を読む限りあくまでも無症候者の自宅待機、在宅勤務のスクリーニングを行う予定のための検査に絞り、症状がある人は受診しろとすることで、陰性証明書含めた医療とは一線を引いたという事なのでしょう。

大曲先生や杉浦先生が絡んでいるようなので検査は信頼できるものでしょう。あくまで自費、そしてこれぐらいの値段なら、このような集団に検査を行うことは、非効率で医療的にほとんど無意味ですが私は否定はしません。でも試薬類の安定供給をタカラバイオにお願いしたいです。それこそ行政検査のものが無くなるようでは本末転倒ですから。あと行政との届出調整は絶対やって欲しい。

経済的な観点から少し流れが変わるかもしれません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。