記事
  • ロイター

中国の脱炭素化、今世紀の気温上昇0.3度抑制も=研究機関


[ブリュッセル 23日 ロイター] - 中国の習近平国家主席が表明した2060年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする方針について、研究機関クライメート・アクション・トラッカー(CAT)は23日、実現すれば今世紀の地球温暖化に伴う気温上昇を0.2─0.3度抑制するとの推計を示した。

習氏は22日、国連総会一般討論でのビデオ演説で、2060年までに脱炭素社会の実現を目指すと明言した。

CATは、現実化した場合、これまでに表明された気候変動対策で最大の効果が期待されると指摘。ドイツを拠点とする気候研究機関のパートナー、ニクラス・ヘーネ氏は「少なくとも過去5年間で世界の気候政策に関する最も重大な発表だ」と述べた。

地球温暖化防止の枠組みとして2015年に締結されたパリ協定には約200カ国が参加。CATによると、各国の取り組みを合わせると、2100年までに地球温暖化に伴う気温上昇幅は約2.7度となる見込み。

中国がパリ協定の約束を更新して2060年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすれば、2100年までの気温上昇幅は2.4─2.5度にとどまる見通しだ。

それでも気温上昇幅は依然、最も深刻な気候変動の影響を回避する限度とされる1.5度を大きく上回る。気温上昇幅を1.5度に抑えるには、世界の温室効果ガス排出量を、中国が掲げた目標より10年早い2050年までに実質ゼロにする必要がある。

ただCATによると、中国が今回の発表で、向こう数十年の排出量を左右する短期的なインフラ投資の再考せざるを得なくなり、おのずと気候変動対策を強化するだろうという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。