記事

「日本はコロナ対策に失敗した」そう思っている人の根本的な間違い

1/2

新型コロナをめぐる2つの不安な動き

現在、日本での新型コロナウイルス感染者数は徐々に減少しています。一方で、国民にとっては不安な動きが2つあります。

東京都は23区内の飲食店などに求めていた営業時間の短縮要請を終了。感染者数が減少傾向にあることを踏まえ、4段階で評価する感染状況は、最も深刻な「感染が拡大している」から「再拡大に警戒が必要」に1段階引き下げた東京都は23区内の飲食店などに求めていた営業時間の短縮要請を終了。感染者数が減少傾向にあることを踏まえ、4段階で評価する感染状況は、最も深刻な「感染が拡大している」から「再拡大に警戒が必要」に1段階引き下げた=2020年9月18日、東京都新宿区 - 写真=時事通信フォト

1つは政府が近々、指定感染症の中で危険度が5段階で2番目に高い「2類相当」の分類を見直すかもしれないというニュースです。

新型コロナウイルスは2類に分類されているため、感染者の隔離・入院が必要で、医療費も公費負担となっています。これがもし3類以下の分類に変更されることになれば、感染者の隔離・入院が必要ではなくなります。

その結果、無症状感染者を隔離できなくなったら、ますます感染拡大するのではないかという懸念が起きています。

もう1つは、GoToキャンペーンの対象に東京発着が追加されたことです。

GoToキャンペーンは、コロナ禍で瀕死の状態にある観光業界をサポートするために始まりましたが、7月22日のスタート時に東京を除外したことで混乱が起きました。

地方在住の人にとって、一番人気の旅行先である東京に出かけても最大1泊2万円の補助が受けられない。また、東京在住の人は同じ税金を払っているのに恩恵を得られない。東京のホテルや旅館、土産物店は業績が悪化しているのに国から放置されたことで、当初期待していたほどの経済効果が出ていませんでした。

さらに人口あたりの感染者は東京を凌ぐ都府県も多数あるにもかかわらず、それらの都府県については除外される様子がない。要するに東京だけ除外するのはちぐはぐなので、東京の除外を見直したというわけです。

ただ、国民から見ればむしろGoTo自体を止めたほうが感染は収まるのではないかという懸念が起きています。

自粛を止めて経済を優先させるべきか

この2つの動き、つまり指定感染症の分類を緩和することもGoToキャンペーンに東京を加えるのも、どちらも根底にあるのは「経済か、医療か」という問題です。

もともと日本では、最悪の場合、死者42万人という試算がありました。ところが現在ではそこまでの被害は起きないと考えられています。一方、日本経済は瀕死の状態です。だから自粛を止めて経済を優先させるべきではないか。それがこの2つの動きの背景にある考え方です。

とはいえ、相手は未知の病原体です。本当に経済優先でいいのでしょうか。世界中が今、同じようなジレンマを抱え、さまざまな政策をとっています。そこで今回は主にヨーロッパの先進国を事例として、日本がこの冬、どっちに向かうのがよさそうなのかを考えてみたいと思います。

厳しい外出制限の末に第2波招いたイタリア

最初にイタリアを見てみましょう。イタリア政府の対応は日本にとても似ています。異なるのは被害が日本よりもはるかに大きかったことです。

そもそも初動で失敗したところからイタリアと日本は似ています。コロナが問題視された当初、イタリア政府は外国人の受け入れを中止しませんでした。これは、オリンピックに悪影響がないように春節の観光客を受け入れていた日本と同じ感覚です。

特にイタリアで初期に感染が広まった地域は中国系の居住者が多かったため、ヨーロッパ諸国で最初にパンデミックで苦しむ国になってしまいました。

そこでイタリアでは日本よりも厳しい外出制限が行われます。感染クラスターが起きた州や都市ではロックダウンが行われ、地域や町だけでなく、場所によっては通りを越えた移動さえも警察のチェックが入る形で制限されました。

3カ月の間、企業やレストランなどが休業を命じられ、観光業は完全に停止したことになります。

例年イタリア人はバカンスで2週間から1カ月の休暇を取るのですが、今年の夏は国民の93%がイタリア国内にとどまって休暇を楽しむそうです。

そこでイタリア政府は所得が年収4万ユーロ(約500万円)以下の家庭、つまり大半の家庭を対象に最大500ユーロ(日本円で約6万2500円)を配布しました。日本のGoToに相当する政策です。国内でバカンス消費をしようという具合でしょうか。

しかし結果的にイタリアは、8月に第2波の感染拡大を招いています。そこで8月中旬、イタリア政府はディスコとナイトクラブを閉鎖することにしました。

このなんとなく日本に似ているイタリア政策は、4~6月のGDPは年率でマイナス41.0%とEU諸国の中では悪いほうです。ちなみに100万人あたり死者数は586人。これらイタリアの数値を基準に、他のヨーロッパ諸国を比較してみましょう。

50歳未満の国民をローリスクとしたイギリス

2番目のケースはイギリスです。イギリスはイタリアを上回る最悪な状況で、4~6月のGDPは年率でマイナス59.8%とヨーロッパ諸国の中でも突出しています。

イギリスのGDPがなぜこんなに悪くなったのか。それは他の欧米諸国よりもロックダウンを徹底して広範かつ長期にわたって経済を閉ざしたからです。実際、人気の観光スポットである大英博物館も再オープンしたのはつい先日の8月27日でした。コロナが拡大してから実に163日間も閉鎖が続いていたことになります。

ただイギリスはロックダウンにあたり給与の8割を最大3カ月助成するというように、補償には力を入れていました。さすがはポピュリズムで誕生したボリス・ジョンソン政権と言えるでしょう。一方、日本は新型コロナだけでなく消費税の増税で構造的に経済が傷んでいるわけです。

イギリス経済が大きく傾いている理由はもう1つ、ブレグジットの悪影響もありそうです。EUから離脱した直後にコロナが直撃し、英ドーバーと仏カレー間の物流に関税が発生するようになりました。

トラックなどの貨物が長蛇の待ち行列となり、結果的に物流の量は3カ月間で45%減少してしまいました。イギリスを含めEU諸国はお互いに分業しています。

医薬品はドーバー海峡を渡って大陸からくるものが多いので、病院関係者は「なんでこのタイミングでブレグジットしたかなあ」とため息をついている様子です。

イギリスでは経済を元に戻すために、この先は国民を50歳未満のローリスクグループと、50歳以上のハイリスクグループに分けて、ローリスクグループの外出振興策を練っているといわれています。

要するにリスクがほとんどない50歳未満のグループには普段通りの生活を送ってもらって経済を再開させ、50歳以上のリスクグループは外出禁止令で閉じ込めようということです。

経済活動を再開させる一方で、コロナ対策としてはハイリスクグループ限定の外出禁止令とクラスターが発生しやすい特定業種の営業停止、感染が広がり始めている地域の封鎖を組み合わせる予定です。ちなみにイギリスは経済が悪いだけでなく、100万人あたり死者数も610人とイタリアを上回っています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。