記事

TOKIOの元構成員をめぐる報道について


TOKIOの元構成員が、交通事故を起こした。飲酒運転が発覚し、逮捕された。そんな報道を箱根の峠で知る。展望台には、ツーリングを楽しむバイク愛好家が集まっていた。ちょうどトイレに行こうとしたら、休憩をしていたライダーの一人が「うわ、山口、逮捕だってよ」と叫んでおり、気づいた。

交通事故には注意しなくてはならない。飲酒運転など言語道断だ。詳細な事実が明らかになるのを待ちたいし、法律のもと、適切な対応を行わなくてはならない。法を犯した点においては同情の余地はないし、擁護もしない。

しかし、「元芸能人」さらには「依存症」に苦しむ人に対する報道という点で、憤りを感じている。元TOKIOの構成員であることを書く必要があるのか。さらには彼がアルコール依存症に苦しんでいるとしたならば、報道の仕方には配慮が必要ではないか。卑劣漢そのものではないか。

報道の中には(適切ではないと思うので、詳細はあえてぼかすが)、居住地やその種類、婚姻関係など、いかにもな凋落ストーリーと重ねて書くものがあった。依存症に苦しむ人について伝える報道として適切だろうか。

また「だらしない」などと断じることは、必ずしも適切ではない。依存症については、医学的、社会的な理由があり、自己責任、自業自得だと断じることは適切ではない。

芸能界復帰が絶望的という報道もあったが、これもまた凋落ストーリーだと断じる報じ方である。まずは、健康な体と心を取り戻す支援が必要だ。

「叩いてもいい人認定」そのものではないか。

一市民として、微力ではあるが無力ではないと信じて声をあげた次第である。別に私はTOKIOのファンでも、元構成員のファンでもない(マッチさんとKinKi KidsとV6は大好きで、SMAPは同世代なので特別な想いがある)。しかし、この人権を踏みにじる報道に、満腔の怒りがこみ上げ、勇躍決起した次第である。荒ぶる魂を今日も、戦闘的に高揚させたのだった。極悪非道の報道関係者にたいして腹の底からの弾劾を叩きつけよ。

あわせて読みたい

「山口達也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。