記事

「僕たち子どもの声はまったく届かない、単独親権制度は、子どもの立ち場にたったものではないんですよ」

1/2

■オレンジパレード@大阪

前回も当欄で少し触れたように(若者には自民党がリベラル、9月21日、共同親権を訴える(主として子と別居する)親たちの集いが大阪であり、御堂筋を中心に200名もの人々がパレードしたようだ。

そのパレードはオレンジパレードと名付けられ、テーマカラーをオレンジとし、シャツやのぼりなどオレンジで統一されたやさしい雰囲気の集まりになった。

けれどもそこに集う親たちは、子どもの連れ去り/拉致にあった別居親で、中にはその拉致の理由として「虚偽DV」をでっちあげられた方もいる。そうした別居親の悲しみについては当欄でもたびたびとりあげてきた(たとえば子を思って料理する「新しい父」たち)。

思想的にフェミニズムが先導してきた離婚後の親支援は、激しいDV被害者も多発したことからこれまで女性に偏重してきた。

それ自体は有意義な取り組みだったと思うが、当欄で指摘してきたように、そのこと(女性支援偏重)により、子を拉致abductionされた別居親たちの傷つきは背景化された(「パパ、神経衰弱しよう」~連れ去られた親の「抜け殻」感「あの子が死んだのかもしれません」)。

そして何よりも「真の当事者」である子どもの声が潜在化されてきた(「親が死ぬこと」を子は想像できない~離婚時の「子どもの連れ去り」の傷つき)。

今回のオレンジパレード@大阪では、その「真の当事者」である子どもたち自らもマイクをもって発言した。

■単独親権制度は、子どもの立ち場にたったものではないんですよ!

発言したのは高校生と大学生の2人のハイティーンで、ふたりとも10才頃に母親によって連れ去られた(Twitter「「#オレンジパレード」参照)。

1人は自分の中学時代を「黒歴史」だったと表現し、彼女は「自殺も考えた」という。

1人は、自分たちのような苦しいめにあう子どもをつくり続けてはいけない。その苦しさを産みだす大本である単独親権を共同親権に変更してほしいと訴えた。今回のタイトルにも使ったように高校生の彼は、

「僕たち子どもの声はまったく届かない、単独親権制度は、子どもの立ち場にたったものではないんですよ!」

と熱く語りかけた。

時に言葉に詰まりメモを見る彼女と彼に対して、会場からは、パレード参加者からの「ガンバレ!」という呼びかけがある。その一体感は、そこに参加したものを感動させたようだ。

あわせて読みたい

「親権」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  8. 8

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。