記事
  • ロイター

今年のノーベル賞、新型コロナで授賞式はそれぞれの国で


[ストックホルム 22日 ロイター] - ノーベル賞の運営団体であるノーベル財団は22日、今年12月に行われる自然科学3賞などの授賞式について、新型コロナウイルスの世界的流行を考慮して、ストックホルムのコンサートホールでの大規模な式典を取りやめ、受賞者がそれぞれの国でメダルや賞状を受け取る形で行うと発表した。各国での受賞の様子がテレビで中継される。

既に授賞式後の晩さん会は中止が決まっていた。晩さん会を取りやめるのは1956年以来初めて。

ノーベル財団のラルス・ヘイケンステン理事長は「春には通常の形での授賞式の中止を決めていたが、夏にかけて様子を見極めてから発表したかった」と述べた。

スウェーデンの新型コロナによる死者数は5850人余りで、英国やスペインに比較して少ないが、他の北欧諸国に比べて人口比では多い。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  8. 8

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。