記事

「いつまで持つかわからない…」コロナ禍の風俗店で働く女性が吐露した“痛ましい本音” なぜ彼女たちは涙を流すのか - 坂爪 真吾

 終わりの見えないコロナ禍の中、風俗店で働く女性たちもまた、客足の減少に伴う収入の大幅な低下、店舗の休業・閉店により、非常に苦しい状況に追い込まれている。

【画像】この記事の写真を全て見る(6枚)

 私は「風テラス」という、風俗で働く女性のための無料生活・法律相談窓口を運営している。コロナの影響が深刻化して以降、風テラスには全国の風俗店で働く女性たちからの相談が殺到している。2020年1月から現在までの約9か月間で、実に3700名を超える女性たちの相談を受けている。

絵文字の羅列や記号だけのアカウント名

 コロナの影響で対面相談を行いづらい状況になっているため、風テラスでは、現在LINE通話を使ったオンライン相談を中心に行っている。

 相談者のLINEのアカウント名は、絵文字の羅列だったり、記号や顔文字だけだったりと、そもそも人名として認識できないものが少なくない。「検索されたくない」「見つかりたくない」という彼女たちの心情を表しているかのようだ。


©iStock.com

 実は、緊急事態宣言の発令された4月以降、相談の最中に泣き出す女性が増えている。相談開始直後から泣きはじめ、そのまま最後までずっと号泣し続ける人もいる。

 1日に4人の女性(当然、住んでいる地域も年代も全員異なる)から相談を受けた際、示し合わせたかのように、4人全員が相談の途中で泣き出してしまった、ということもあった。コロナ前と比較しても、そうした事態は顕著に増えている。

 なぜ彼女たちは、初めて言葉を交わしたばかりの相談員の前で、涙を流すのか――。

「風俗で働きたい」と語る女性たち

 生きていくために、望まない風俗の仕事をしなければならないことの辛さから、泣くのではないか。そう考える人も多いだろう。

 確かに、風俗は決して楽な仕事ではない。初対面の男性とホテルの密室で一対一になり、裸の状態で過ごさなければいけない。原則として客を選ぶことはできず、お店のルールで決められたサービスの提供を断ることもできない。

 しかし、「風俗の仕事のおかげで、とても助かっている」「コロナの影響が落ち着いても、このまま今の仕事を続けたい」「生活保護を早く抜けて、風俗で働きたい」と語る女性も少なくない。お店の休業・自粛により働けなくなったことで、逆に鬱状態になってしまった女性もいるのだ。

 一方で、夜の世界で働く女性は、社会の中で孤立している、とも言われている。これは、必ずしも悪質な業者やスカウトによって騙され、搾取された結果、孤立させられている……という意味ではない。生きるために、自分から進んで孤立への道を歩んでいる女性も多いのだ。

孤立すればするほど“稼げる”仕組み

 風俗の仕事は、言うなれば「孤立すればするほど、稼げる仕事」である。

 本名とは異なる源氏名を名乗り、その時間、その場所だけの匿名の存在になるからこそ、素の自分を切り離して接客をすることができる。知らない街への出稼ぎを含め、これまでの人間関係やしがらみを断ち切れば断ち切るほど、稼ぐことができる。

 誰ともつながらないゆえに、誰からも存在に気づかれないゆえに、稼ぐことができる。

 その一方で、誰ともつながらない、存在に気づかれないということは、誰からも助けてもらえないということも意味する。

 風俗で働く女性たちは、性暴力被害に遭った場合に「自己責任」「自業自得」という言葉でバッシングを受けがちだが、自己責任論を最も内面化しているのは、他でもない彼女たち自身である。

「自分が悪いから仕方がない」「自分が一生懸命頑張れば、それだけで問題は解決できるはず」「自分の力だけでなんとかしなくてはいけない」という言葉を、日々自分自身に言い聞かせている女性も少なくない。

これ以上、もう一人では頑張れない

「精神疾患があり、障害者雇用枠で働き始めたが、それだけでは十分な収入を稼げないため、風俗で働くことを選んだ。しかしコロナの影響で、風俗でも思うように稼げない。悔しくて情けない。障害者雇用には戻りたくないが、どうすればいいか分からない」

「パートやアルバイトの収入だけでは生活を維持できないために、夫には秘密で風俗の仕事を始めた。しかし、コロナの影響でお店が休業になり、収入が途絶えてしまった。毎朝、仕事に出ていくふりをしているが、いつまで持つか分からない。貯金も底をつきそう」

「親との関係が悪く、必要な書類を揃えられないので、コロナ関連の給付金や制度を利用できない。生活保護については、親に連絡が行くので絶対に申請したくない。出稼ぎで何とか稼ごうと思って頑張ったけれど、出稼ぎ先で所持金が尽きてしまった」

 自分だけの力=自助だけでなんとかしたいが、これ以上、もう一人では頑張れない――。

 こうした状況に追い込まれた女性たちが、相談窓口にたどり着く。「自分が悪いから仕方がない」「自分が一生懸命頑張れば、それだけで問題は解決できるはず」という思いを捨てきれないまま、スマホの向こう側にいる相談員に、現在の気持ちや悩みを吐露するのだ。

 こうした相談者の女性に対して、相談員は、まず「お辛い状況の中、相談してくださり、ありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝えている。

「困った時に相談する」ということは、誰にでもできることではない。悩みが深刻になればなるほど、相談しづらくなる。「自分が悪いから仕方がない」「怒られたらどうしよう」という気持ちを押し殺して、他人に自分の悩みを打ち明けて、助けを求めることは、大きなストレスを伴う。

「誰にも言えなかった」という言葉

 そうしたハードルを乗り越えて相談してくれたことへの感謝を伝えた後、相談者に対して「ずっとお一人で頑張ってこられて、本当に大変でしたね」「お子さんやご家族のために、一生懸命働いてこられたんですね」と、これまでの頑張りを労(ねぎら)う言葉をかける。

 決して説教や否定をせずに、これまでの選択や行動をジャッジせずに、ただ労いの言葉を重ねる。

 すると、彼女たちは、異口同音に「誰にも言えなかった」と言って、涙を流すのだ。これまで押し殺していた気持ちが一気にあふれ出して、嗚咽が止まらなくなる。

 号泣する女性に対して、相談員は「誰にも言えなかったんですね」「そうした中で、よくお一人で頑張ってこられましたね」と、労いの言葉を繰り返す。

 場合によっては、号泣する相談者に対して、相談員が感謝と労いの言葉をかけ続けるだけで相談時間が終わることもある。

「見えない孤立」をやわらげるために

 風俗で働く女性の中には、借金、家族関係、障害や病気、DVなど、複雑に絡み合った課題を抱えている人が少なくない。制限時間があり、顔の見えないLINE通話での相談でできることは、やはり限られている。法律や福祉の無力さを感じる場面も少なくない。

 ただ、どんなに辛い状況に追い込まれていても、泣くことすらできない女性はたくさんいる。泣くことを自分に許していない女性も、たくさんいる。

 そうした女性たちにとって必要なのは、「安心して泣くことのできる場所」だ。「法律相談」や「問題解決」の前に、風俗で働いていることを隠さずに、そして自分の気持ちに嘘をつかずに話せる場所があれば、彼女たちの「見えない孤立」を、ほんの少しでもやわらげることができるのではないだろうか。

 そんな思いを抱きながら、私たちは、今日も彼女たちの涙を受け止めている。

INFORMATION

「風テラス」では、クラウドファンディング「夜の世界で孤立している女性・1万人に支援を届けるプロジェクト」への支援を募っています。詳しくは下記のURLをご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/38162

(坂爪 真吾)

あわせて読みたい

「風俗」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    正月休み延長 非正規に配慮せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  10. 10

    コンパニオン旅館をGoTo対象外へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。