記事

「月200万円のギャラが1円も残らない」…“71歳で他界”岸部四郎のあまりに壮絶な“借金地獄” - 「文春オンライン」編集部

 タレント岸部四郎さんが8月28日に亡くなっていたことが、9月15日に発表された。71歳だった。

【画像】ザ・タイガースのライブに車椅子で登場した岸部四郎さん

 晩年は闘病生活で、近況も知られていなかった。だが、かつては伝説のバンド「ザ・タイガース」のメンバーで、解散後は主にテレビで活躍。長くワイドショーの司会も務めていたが、突然姿を消して、自身が取材対象になった時期があった。


8月28日に亡くなった岸部四郎さん ©️文藝春秋

元妻に法外な要求をされて……

 1998年4月6日、岸部さんは、視聴者にコメントも残さず、13年間司会を務めていた日本テレビ系「ルックルックこんにちは」を自主降板した。

 原因は、総額5億2000万円の負債。返済に追われる状況に耐え切れず、翌7日には東京地裁に自己破産を申請した。所属事務所も解雇され、一切の芸能活動ができなくなった。

 芸能マスコミは、岸部さんの「潜伏場所」を探しながら、周辺取材を重ね、このスキャンダルを報じ続けた。

 そして、「事業失敗が響いた」「計画破産」「実は隠し資産がある」「女子アナを金融関係者に紹介した」などと伝えられたが、同月末になると、岸部さんは、個別で新聞、雑誌のインタビューに応じ、「真相」を語るようになった。

「考えが甘かった。僕が招いた結果」と反省。その上で、最初の妻との離婚で突き付けられた「法外な要求」を飲み、ザ・タイガース時代の同僚、森本太郎さんに高利業者を紹介されたことを契機に、転落したことを明かしていた。

 以下、岸部さんの主張。

・最初の妻との離婚は1985年。「別れたい一心」で、要求された月120万円の支払いを承諾した。

・離婚直前、東京・杉並区に1億2000万円の一軒家を購入していたが、名義は妻に変更され、月50万円のローンは負担。

・子供2人の養育費は月60万円で、生命保険の支払いも負担。

・預貯金、車、自転車まで要求された。新車に替えるたびに支払いもした。

「ルック」のギャラは、月200万円。しかし、所属事務所の取り分や税金を引くと残り120万円だったため、妻に120万円支払うと手元には「1円も残らない」状態。生活苦から銀行から3000万円借りた。それが、「借金生活の始まりだった」という。

「借りては、返す」を繰り返す“借金地獄”

 借金を返すために、ドラマ、映画にも出演し、約3年で返済するも、その後も1000万円単位で「借りては、返す」の繰り返し。

 そんな中、後に再婚相手となる女性との交際が進み、93年から「手狭になって」、家賃40万円のマンションでの生活を始めた。当時は、バブルが弾け、銀行も「貸し渋り」に転じていた。そのタイミングで、「簡単に借りられるところがある」と声を掛けてくれたのが、森本さんだったという。

 岸部さんは、すぐにその話に飛びつき、立て続けに900万円を借金。それでも、高利の借金を返すことはできていたが、95年に月70万円のマンションに移るなどして、出費はかさんだという。

 そして、97年4月、森本さんの事務所が倒産すると、その負債約4000万円が、連帯保証人になっていた岸部さんに被さったという。

古美術品を6000万円で引き取ってもらおうとするも…

 この時点で岸部さんの借金は、高利業者だけで約7000万円。同年9月には、1億9800万円に膨れ上がっていたという。それでも、「ワイドショーの司会者」の立場を守るべく、岸部さんはさまざまな対策を講じていた。

「例えば、昨年9月には旧知のプロダクション社長に僕の移籍を条件に保証人になってもらって、銀行から2億円の融資を受ける話が進んでました。実現すれば、利息だけで月1200万円の高利の返済がチャラになって、元利で350万円だけの銀行への返済になる。実際社長からはゴーサインが出たんですが、この話も第三者から横ヤリが入ったせいで、流れてしまいました」(98年4月29日、日刊スポーツ)

 岸部さんは「古美術品マニア」として知られていたが、借金を返すために手放す気持ちはあったという。98年2月には、別のプロダクション社長に約6000万円で古美術品を引き取ってもらう話を進めていたが、これも実現しなかった。

 そして、借金はさらに増えて同年4月2日、自己破産申請を決意。翌3日の番組終了後に番組降板を申し入れた。この際、岸部さんは、局側にギャラの未払い分を現金で求めているが、「生活のためだった」という。

「オレを誰や思てんねん!  元金持ちやぞっ!!」

 当時、岸部さんの債権者は、高利業者36社を含めて69を数えた。そんな「借金地獄」から自己破産で逃れた岸部さんは、単発でバラエティー番組に出演するようになり、「オレを誰や思てんねん!  元金持ちやぞっ!!」などの自虐コメントで笑わせるなどしていた。

 01年以降は、ドラマ、映画にも出演して「復活」を感じさせたが、07年には再婚した妻が43歳で急死する不幸にもみまわれた。

 自身の健康状態も悪化していた。03年、脳内出血で倒れ、後遺症で視野狭窄を患った。ブログでは、右目の視野が3分の1しかないことを告白。09年には、体の自由がきかなくなって入院している。12年2月に骨折して入院して以降は、老人ホームで生活。芸能界から引退状態になっていた。

タイガースのメンバーが見守る中で「イエスタデイ」

 その後、公の場に姿を見せたのが、13年12月27日、ザ・タイガースライブツアー最終日の東京ドーム公演だった。岸部さんは、車椅子姿で登場し、森本さんを含むタイガースのメンバーが見守る中で「イエスタデイ」を歌った。

 岸部さんが、自己破産に陥って森本さんも責任を感じたことだろうが、2人は「仲間」としての関係を続けていた。14年11月21日には、森本タローとスーパースターの再結成15周年コンサートに兄・岸部一徳らとゲスト出演した。その日のことを森本さんは、ブログにつづっている。

「四郎が自分からステージで歌いたいと言って実現した。ギターを持って病室を訪ね、一緒にリハーサルをしたことも思い出す。具合が悪くなってもやっぱり四郎は最後までステージに立って歌いたかったんだな。こんなに早くタイガースのメンバーとの別れが来るとは思ってもいなかった。四郎君、心からご冥福をお祈りします」

 森本さんの言葉通り、岸部さんは、何があっても、仲間たちとの絆を大事にしていた。ザ・タイガースのメンバーでは、最後に加入した弟分だったが、波乱万丈の人生を先に終え、旅立った。借金地獄よりも遥かに居心地がいいであろう天国……。岸部さんは、そこで、ザ・タイガース再結成の準備を進めているのかもしれない。

(「文春オンライン」編集部)

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。