記事

トップダウンもボトムアップも両方とも大事だが、トップに人を得ることが一番大事

またまた、あちらこちらで目安箱が流行りそうである。

私は、目安箱が本当に活用されるようになると、世の中は相当風通しがよくなるのではないか、と思っている。

問題は、どうやって目安箱を活用するか。

トップに人を得ないと、目安箱は設置しただけで終わってしまう。

目安箱を通じて民の声を吸い上げるのは大事だが、民の声を吸い上げても現実の世界が何も変わらないのでは、目安箱に自分の意見なり要望などを投函した人をガッカリさせるだけで終わる。

多分、現時点でも目安箱のような仕組みがどこかにはあるのだと思うが、目安箱は設置された当初話題になるだけで、その後殆ど活用されず、いつの間にか撤去されるようでは、折角の目安箱の意味がない。

目安箱が単なる苦情の吐き捨て場やガス抜きの場になってはいけない。

河野太郎氏は、ご自分のホームページに目安箱を設置することを表明し、あっと言う間に4000通以上のメールがその目安箱に寄せられたそうだ。
河野太郎氏が自ら読んでくれるはずだ、と信じて、皆さん、目安箱にメールを送った。

これが、大事である。

トップに人を得るとこういう現象が起きる。

トップダウンで物事を進めると思われている人が、実はボトムアップで仕事をしようと努めている、ということである。

普通の人にはとても出来ないことだし、誰にでもお勧めできるような仕組みではないが、基本的な方向性は実に正しい。

要は、どんな仕組みにもいいところとそうでもないところがあり得るが、結局はその仕組みを利用する人次第、といったところがあることである。

デジタル大臣も目安箱を設置する方向で検討し始めたようである。

方向性は、二人ともいい。

さて、結果を出せるのはどちらだろうか。

楽しみではある。

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。