記事

まだまだ足りない日本人の外貨資産

[画像をブログで見る]

リニューアルして週2回定期更新!ユーチューブ内藤忍チャンネル【投資のプロが解説!人生を変える「お金の成功戦略」】を是非ご覧ください!

日本人の資産運用が外貨志向に変化していることがデータによって明らかになりました。

日本経済新聞によると、上場投信(ETF)を除く日本の公募投信で今年の1~8月の間に、グローバル株式投信には差し引きで約1兆6000億円の資金が流入しました。前年は、約400億円の流出でしたから、流れが逆流していることがわかります(図表も同紙から)。

一方で、国内株で運用する株式投信は同約5400億円の流出と、資金流出が続いています。

今までの日本の個人投資家は「投資=日本株投資」という発想が強く、日本株の個別銘柄に多くの時間を割いてきました。マネー誌のような専門雑誌の特集記事を見ると、未だに日本株の個別銘柄になっており、読者ニーズに対応した誌面構成であることがわかります。

日本人の個人金融資産の半分以上は預貯金に偏在しており、多くの日本人は相変わらずの預貯金だけのポートフォリオを保有していることが予想できます。グローバル株式投信を購入しているような人は、まだまだほんの一握りなのです。

しかし、このようなアーリーアダプターが海外資産にシフトを始めた事は、これからの日本人の資産運用が変わっていくきっかけになるのではないかと期待しています。

投資対象を多様化することにより、リスクを抑えながら期待リターンを高めていくことができる。これはファイナンスの基本的な考え方です。

外貨資産にシフトするだけではなく、金融資産から実物資産への投資対象の拡大もぜひこれから進めてほしいと思います。

日本人の資産運用の「革命」はまだ始まったばかりで、これから大きなうねりにしていくことが必要です。そんな流れを後押しすべく、私も新刊書籍「アセットアロケーション革命」で啓蒙活動を行ったり、ユーチューブの動画配信の定期配信で、日本人のお金に対する考え方を変えるためのお手伝いをしていきます。

■【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年9月20日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「資産運用」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。