記事

デジタル化は「後ろ向き」?必要なのは的はずれな批判ではなく、改革を後押しする建設的な提案

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

4連休がスタートです。

「重厚な閣僚布陣で、解散は遠のいた」

という説も強いですが、この高支持率。私は再来週にも臨時国会が開かれて奇襲解散してもおかしくないと思っています。

よってこの連休中は、できる限り都内各支部長の元を回って政策浸透を図りたいと思います。

さて、当然のことながら与野党ともに選挙モードで活動が活性化しておりまして、早速枝野代表の街頭演説がニュースになっていたのが目に止まりました。

デジタル化は「後ろ向き」と批判 枝野氏、政権との違いアピール
https://this.kiji.is/680026902001763425

「首相は取って付けたようにデジタル化なんて言いだした。この国は後ろ向きのデジタルではなく、前向きの自然エネルギーで食っていこう」と訴えた。(中略)

枝野氏はデジタル化政策に関し「世界から遅れている分を追い付くだけだ。日本の未来を輝かせることはできない」と断じた。「日本を自然エネルギーで回っていく国にしよう」と強調した。

(上記記事より抜粋、強調筆者)

まあ街頭演説はその場の「流れ」で喋ることもありますし、あまり深くロジックを立てて考えていないのかもしれませんし、なんでも記事になってしまう党首クラスは大変だなと思いつつ。。

やっぱり意味不明です(汗)。

そもそもデジタル化と自然エネルギー政策は並べる対象でもないし、デジタル化をわざわざ貶める必要はどこにもないですよね。

記事にあるとおり「政権との違いを強調」するためには無理にでも批判しなければならないのだと思いますが、的はずれな主張はビジネス野党化を印象づけるだけです。

私も最近の街頭では、デジタル化政策を訴えています。以前は「デジタル・テクノロジー」という言葉を発するだけで皆さんの足が遠のいていく感触もありましたが(苦笑)、今は沢山の報道があったおかげで耳目が集まる手応えがあります。

そこで私はデジタル化は大いに進めるべき一丁目一番地であると認めつつ、

・政府与党内にも根強い抵抗勢力がいる(はんこ議連など)
・政府や行政のデジタル化の要点は実は公務員人事制度改革だが、これも一筋縄ではできない

ということをお話しつつ、規制改革を貫徹するためにはそれを後押しする政治勢力が政府与党以外にも必要だと訴えています。

的はずれな批判を他山の石としつつ、建設的な差別化と提案ができるよう、引き続き政策提案と演説内容を磨いていきたいと思います。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  8. 8

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  10. 10

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。