記事

羽生善治九段、タイトル100期挑戦へ会見「大きな舞台にふさわしい将棋を」2年ぶりのタイトル戦

1/2

 将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の第3局が9月19日に行われ、羽生善治九段(49)が丸山忠久九段(50)に勝利、2年ぶりとなるタイトル戦出場を決めた。タイトル通算99期で、大記録の100期にあと1期と迫っている羽生九段は、10月9日から開幕する七番勝負で、豊島将之竜王(30)と対戦する。挑戦権獲得後に記者会見の臨んだ羽生九段は「大きな舞台にふさわしい将棋を指したい」と意気込みを語った。主な質疑応答は以下のとおり。

【中継】羽生善治九段、タイトル100期への挑戦獲得!

-第3局振り返って

 序盤戦から力戦模様というか、手探りの感じの展開が続いていたので、お互いにかなり漠然としていて、はっきりしない将棋だったという感想です。

-2年前の七番勝負で100期ならず。また竜王戦で挑戦。

 タイトル戦の舞台に参加できることがないと、もちろんそういうチャンスがないので、今回挑戦者になれたのは非常によかったなと思っています。まだ終わったばかりなので、気持ちの準備は全くできていないですが、これから開幕までにしっかりと調整して、いいコンディションでスタートを迎えられたらと思います。体調そのものは全く普通で、元気に過ごしています。

-豊島竜王の印象

 豊島さんは非常に最新の形にも精通していますし、攻めても受けても非常にミスがないというか、力強さは棋譜で見ているだけでも感じています。七番勝負の舞台で顔を合わせられるのは楽しみに思っています。

-タイトル戦2年ぶり、挑戦できた要因

 あまり他の棋戦でも勝ち進んでいないので、今回挑戦できたのは非常に幸運だったなと思っています。チャンスというか、機会を活かせてよかったなと思います。

-七番勝負のポイントは

 2日制でもありますし、序盤でリードされると苦しいと思うので、しっかり作戦面でも準備しておくのが大事になるかなと思います。

-50歳として臨むタイトル戦。過去の自分と50歳の自分のイメージの差は。

 一応50代になっても、タイトル戦に出られたというのは棋士として名誉なこととは思っています。ただ、それに満足するということではなくて、励みにして前に進んでいけたらいいなと思っています。

-タイトルホルダーは最年長で36歳、一回り下の世代が席巻している。

 30代、20代でも強い人はたくさんいますし、同年代でも久保さんが王座戦に挑戦中です。同年代の人も変わらず活躍しているので、世代にこだわらずに目の前の一局に一生懸命やっていくというところです。

あわせて読みたい

「羽生善治」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    正月休み延長 非正規に配慮せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  10. 10

    コンパニオン旅館をGoTo対象外へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。