記事

【Amazon Fresh】、これぞアマゾンの最先端スーパー!アレクサいても売り場はアナログ?

1/2

■ネット通販最大手のアマゾンは17日、ロサンゼルス郊外ウッドランドヒルズにスーパーマーケット「アマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)」を一般にオープンした。

アマゾン・フレッシュ・ウッドランドヒルズ店は今年4月から営業を開始していたもののネットスーパー専用のダークストアとして宅配サービスのみで稼働していた。先月27日から招待状をもつ一般顧客のみに公開していた。

アマゾン・フレッシュ・ウッドランドヒルズ店(6245 Topanga Canyon Blvd Woodland Hills, CA 91367)はシティバンクやオフィスデポ、AT&Tストアが入居する、道路沿いのネイバーフッド型ショッピングセンター内にある。

アマゾンが開発した33,000平方フィート(920坪)のスーパーの営業時間は午前7時〜午後10時。

アマゾンフレッシュの品揃えは一般的な食品スーパーに、アマゾン傘下のホールフーズ・マーケットのプライベートブランド「365」やアマゾンのプライベートブランドも扱っている。また生鮮品では精肉・シーフード・コーナーで対面販売を取り入れている。

 アマゾン・フレッシュは建物の左から入る、右回りのレイアウトとなっている。エントランスから左にフラワー、青果コーナーと並んでおり、入り口から真正面の奥には精肉・シーフードの対面販売となっている。

レイアウトの中央となる部分には典型的なスーパーマーケットが採用する、加工食品や冷凍食品などの什器を縦型に配置するグリッド・デザイン仕様となっている。

精肉コーナーの隣には乳製品のリーチインが配列され、ホールフーズ・マーケットにはないオーガニック以外の安価なミルクや卵等を販売しているのだ。

さらに入り口から対角線上の奥にある売り場は、惣菜コーナーとなっており、ピザやサンドイッチ、寿司などを扱っている。残念ながらコロナ禍により惣菜コーナー前にあるホットデリは中止している。

デリの隣にはベーカリーとなっており基本的なスーパーの配列を維持している。

しかし最も異なるのは入り口から右奥にあるシームレスなオムニチャネル化を実現する受付カウンター「カスタマー・サービス返品&受け取り(Customer Service Returns & Pickup)」とアマゾン・ロッカーだ。

アマゾンのサイトで注文した書籍やCD、オモチャなどを窓口やロッカーで受け取れることで、スーパーで食品を購入するついでに注文品ピックアップもできるのだ。

このカスタマーサービスでは返品コーナーも兼ねており、返品ではダンボールに梱包されていなくても受付カウンターで梱包してもらえる。

カスタマーサービスの左には「ベスト・オブ・アマゾン(Best of Amazon)」のコーナーがあり、キンドル・ペーパーホワイトやファイアーTVに周辺器具から、ノンフライヤーや電動圧力鍋インスタントポットやミキサー・ニンジャなどの人気の調理家電に便利な調理器具、それにレシピ本まで食にまつわる4スター商品が並んでいる。

その手前にはスマートスピーカーのエコーが並ぶアマゾン製品をデモンストレーションテーブルがある。レジはフルサービスとなっており1〜8台は通常のレジだが、9〜14台目はアイテム数が少ないエクスプレス用となっている。

 また売り場の4ヶ所にキオスク端末としてスマート・スピーカーの「アマゾン・エコー・ショー(Alexa Echo Show)」を設置。顧客が売り場を探す時に音声でアレクサに尋ねることが可能となっているのだ。

またプライスタグのすべてはデジタルタグとなっており瞬時に価格を変えられる仕様だ。このデジタルタグには商品価格の他に5つ星評価も入っているのもアマゾンらしい。

 アマゾンフレッシュはグランドオープニングセールとしてロテサリーチキンは4.97ドル、バナナ1本15セント、フランスパンを89セント、ピザスライスを1.79ドルにして訴求していた。

 アマゾンフレッシュの売り場はスーパーマーケットとしてまだこなれていない荒削りなところもあるが次第にキャッチアップして驚異的な存在になるだろう。

 今日もアマゾンフレッシュの店内画像を一部ピックアップしてアップロードしていく。

トップ画像:オープン直前のアマゾン・フレッシュ。グランドオープニングセールとしてロテサリーチキンは4.97ドル、バナナ1本15セント、フランスパンを89セント、ピザスライスを1.79ドルにして訴求していた。



アマゾン・フレッシュの入り口から店内を動画撮影。左の青果コーナーから正面奥には精肉コーナーが見え、右の手前にはダッシュカート専用の通路「アマゾン・ダッシュカート・レーン(Amazon Dash Cart Lane)」にレジが見える。右奥の壁はオレンジ色のカスタマー・サービスだ。

「ようこそ新鮮なウッドランドヒルズ店へ(Welcome to Fresh Woodland Hills)」とあるアマゾンフレッシュの青果コーナー。アマゾン・フレッシュではオーガニックや一般的な青果物をあつかい、ホールフーズ・マーケットの品質レベルを維持

青果コーナーの奥にある定番のドール・バナナは1本15セントで訴求。プライスタグはデジタルタグを使用しており、最新版デジタルタグにより視認性も高い。後藤はバナナ6本購入して90セントだった。

入り口から真正面奥にあるのは精肉・シーフードコーナー。牛肉の等級は上から2番目となる「チョイス(Choice)」だ。対面販売でありながら、肉やシーフードも買い物しながらスマートフォン・アプリを介してモバイルオーダーも可能となっている。こちらのタグもすべてデジタルタグが使用されている。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。