記事

お笑い番組活況で千鳥が躍進、視聴率新指標&コロナの閉塞感背景に…10月改編動向

民放キー5局の10月改編情報が18日、出そろった。視聴率調査のリニューアルに伴うターゲット戦略により、お笑い純度の強いバラエティ番組が次々にレギュラー昇格し、中でもお笑いコンビ・千鳥の躍進が目立っている。この潮流をどのように捉えているのか、各局の編成責任者に聞いてみた。

『千鳥のクセがスゴいネタGP』 (C)フジテレビ

○■ゴールデンのお笑い番組に大悟「いい流れ」

各局では、広告主のニーズが高い層に向けた番組作りを進めるためターゲットを明確化。

日テレは13~49歳を「コアターゲット」、TBSは13~59歳を「ファミリーコア」、フジは13~49歳を「キー特性」と名付け、今やこの層の数字を最重視している。このターゲット層に支持を受ける傾向にあるのが、お笑い番組だ。

フジテレビは、特番で2回放送した『千鳥のクセがスゴいネタGP』(木曜21:00~)をスタート。

同局の改編説明会にVTRで登場した千鳥のノブは「(特番の)1回目が終わった後に絶対レギュラー番組でやりたいなと思ってたんですが、僕が想像していたのはド深夜です」と驚いたが、大悟は「でもいい流れじゃないですか。こういうバラエティがちょっと早めの時間から見れる時代がもう1回来るというのは、本当にうれしい限りです」と喜びをコメントした。

齋藤翼編成部長は「(特番では)若年層を中心とする視聴者の皆さまの多くに支持を頂くことができました」と説明。キー特性の考え方について、「これからのテレビ番組の広告価値を維持をしていかなくてはいけないと考えております」とした上で、「今までと変わらず、幅広い層の方々に見てもらわなければいけないという方針は変わっていません」と強調している。

○■“オールターゲット”のテレ朝も若年層重視

千鳥はテレビ朝日でも、深夜の冠番組『テレビ千鳥』がプライム帯(日曜22:25~)に昇格。ノブは、弘中綾香アナウンサーとタッグを組む『ノブナカなんなん?』(土曜22:25~)もレギュラー化される。

テレ朝は土日の22時台に、『あざとくて何が悪いの?』(土曜21:55~)、『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(日曜21:55~)を編成し、新たなバラエティゾーンを構築するほか、深夜に若手スタッフが手がける20分枠のバラエティを一挙14番組スタート。

榊原誠志総合編成部長は「テレビ朝日としては、基本的にはオールターゲットに向けた番組制作を努めております」とした上で、「土日の22時台の4番組を中心に、若年層の皆さんにお楽しみにいただけるコンテンツを数多く取りそろえていければと考えています」と話した。

○■小幅改編のTBS&日テレ、4月新番組に成果

TBSは今回、ドラマ以外でGP帯の新番組はないが、4月に月曜を大きく改編した。その中でスタートした千鳥がメインを務める『クイズ!THE違和感』(月曜20:00~)は、解答者の大喜利的なやり取りや「ノブ違和感」といった斬新な企画が人気で堅調に推移し、10月5日(19:00~22:00)、同12日(19:00~21:00)に、2週連続でスペシャルを編成する頼れるコンテンツになっている。

日本テレビも今回は大きな改編はないが、4月には、それまで深夜の単発で放送してきた『有吉の壁』を、水曜19時という浅い時間枠でレギュラー化させるというチャレンジングな編成で成功。

田中宏史編成部長は「水曜の19時で一定の支持をいただいているというところは、本当にうれしいと同時に感謝しています」と評価した。

テレビ東京は、深夜25時台で3年半にわたって放送してきた『勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~』が、まさかの週末プライム帯(土曜22:30~)に昇格。

大庭竹修編成部長は「eスポーツを応援していこうと全社を挙げておりますので、ゲーム業界やファンの方々との接点を増やしていきたい」と狙いを説明した上で、「もともと力を入れてやるような番組でもないので(笑)、ゴールデン仕様にしなくてもいいと思っています。

あの空気感を大事にしてもらいたい」と現場に要望した。

●何も考えず笑える番組がコロナ禍にマッチ

このお笑い番組活況の背景には、コロナ禍という社会の変化も影響しているようだ。

26日に『ザ・ベストワン』『音ネタFES』『キングオブコント2020』を包括した8時間にわたる『お笑いの日2020』を生放送する、TBS編成部企画総括の三島圭太氏は「ファミリーコアを重視する中で(お笑い番組の)コンテンツが増えているということもありますし、やはり閉塞感があるこの世の中で、テレビを見ているときくらいは何も考えずに笑って過ごしたいということが、今の時代に非常にマッチしているのではないかと思います」と分析。

フジの齋藤編成部長も『千鳥のクセがスゴいネタGP』について、「こんなときだからこそ、テレビの前で大きな声を出して笑うことができる、幅広い層の皆さまのご期待に応えられる番組になることをお約束いたします」と意気込んだ。

日テレの田中編成部長は「コロナによって状況変化している中で、『有吉の壁』ももちろんですが、いわゆる“お笑いバラエティ”のニーズをどのくらい皆さんがお持ちなのかを含め、我々なりに研究して新規番組の開発も同時に行っていきたいと思います」とし、「もちろん『有吉の壁』でも、さらにブラッシュアップして支持していただけるような試みと施策を行っていこうと思っております」と、さらなる飛躍に意欲を示している。

○■19時台番組前倒し/嵐冠番組フィナーレ/1年ぶりG帯アニメ

このほかの動きとしては、テレ朝が平日19時台のバラエティ番組を18時45分スタートに前倒しするという、これまでにない“フライング編成”を導入。日曜の『ナニコレ珍百景』はすでに18時30分スタートで結果を残しており、「19時台の番組の放送時間を伸ばすことで、これまでよりも多くの視聴者層にリーチをしていきたいと考えております」(同局)としている。

なお、4月から複数の番組を18時30分スタートにしたテレ東は「効果は出ていると思います」(大庭竹編成部長)と手応えがあるようだ。

年内での活動休止を発表している嵐の冠番組は、そのタイミングで終了予定。『嵐にしやがれ』(土曜21:00~)を放送する日テレは「フィナーレに向けて最大限に盛り上げるとともに、12月の最終回はスペシャルな内容にするべく準備中」(改編資料)とし、『VS嵐』(木曜19:00~)を放送するフジも「われわれも精いっぱい最後まで一緒になって番組を盛り上げていきたいと思っております」(齋藤編成部長)と方針を明かした。

テレ東は、アニメ『ポケットモンスター』をゴールデン帯に戻す(金曜18:55~)。民放キー局のゴールデンでアニメがレギュラー編成されるのは、テレ朝が『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』を土曜夕方に移動して以来1年ぶり。

その『ドラえもん』が以前放送されていた枠での放送となるが、大庭竹編成部長は「看板アニメですので、改めてテレビ東京のブランドと言っても過言でない『ポケモン』を、家族そろって楽しんでもらいたいということで、置かせていただきました」と話している。

ちなみに、前回の4月改編説明は、コロナの影響でほとんどの局が資料配布のみの対応だったが、今回の10月改編はフジが対面、その他4局がリモート形式での開催となった。

あわせて読みたい

「千鳥」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。