記事

独「ガスパイプライン建設計画」に影を落とす「プーチン批判派毒殺未遂事件」- 熊谷徹

1/3
[画像をブログで見る]

 ロシアの闇の勢力が再び牙をむいた。

 プーチン政権を声高に批判していた活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏が、シベリアからモスクワへ向かう飛行機の中で意識不明の重体になった。彼はドイツの病院に搬送されて一命をとりとめたが、この事件はロシアとEU(欧州連合)間の「新冷戦」をさらに深刻化させるだろう。

 この事件を受けてドイツでは、ロシアからの天然ガスパイプラインの建設を中止するべきだという声も出ている。

軍が兵器として使用する毒物

 事件が起きたのは8月20日。旅客機はオムスク空港に緊急着陸し、ナワリヌイ氏は家族の要請でベルリンのシャリテ医科大学病院に搬送された。この病院の医師たちは過去にロシアの体制批判者が毒を盛られた時にも治療にあたっており、毒物に関する救急医療の経験が豊富だ。

 シャリテ病院は8月24日に、

「ナワリヌイ氏の症状は、神経剤による疑いが強い」

 と発表した。ナワリヌイ氏の身体から採取された検体は、ミュンヘンにあるドイツ連邦軍の化学物質研究所に送られて分析された。この研究所は、化学戦やテロに備えて様々な毒物を研究する特殊施設で、その実態は秘密のベールに包まれている。

 メルケル政権は同研究所の分析結果に基づき、

「神経剤ノビチョク系の毒物が使われたことには、疑いの余地がない」

 という声明を9月2日に公表した。またフランス軍とスウェーデン軍の研究所も、検体を分析した結果同じ結論に達した。

 ノビチョクは、1970年代にソ連が化学戦のために開発した強力な毒物で、2018年に英国で起きた、ロシアの二重スパイだったセルゲイ・スクリパリとその家族を狙った暗殺未遂事件でも使われた。

 ドイツ政府がこの日の声明で使った「chemischer Nervenkampfstoff」という言葉に注目する必要がある。これは日本語には直接該当する訳語がないが、あえて訳すと「戦闘(Kampf)に使われる、神経に作用する化学物質」という意味だ。つまり民間ではなく、軍が開発して兵器として使用するための物質なのだ。

 ノビチョクは、皮膚に少量付着しただけでも、健康被害を起こす。取り扱いを誤ると、暗殺を試みる側にも深刻な健康被害が出る。専門知識を持たない犯罪組織のメンバーなどが容易に使える毒物ではない。

 メルケル政権があえて、chemischer Nervenkampfstoffという言葉を使用したのは、戦闘用神経剤の取り扱いに習熟した軍や諜報機関の関係者が介在している可能性を間接的に示唆するためだ。

 すぐに治療できない旅客機内で発症し、塗炭の苦しみを味わうよう、搭乗直前か直後に毒を盛った手口も、他の政府批判者に対する「見せしめ」を思わせる。

歯に衣を着せぬ批判

 アンゲラ・メルケル首相はこの分析結果を受けて、副首相、国防大臣、外務大臣らを集めて緊急会合を開いた。その後首相は厳しい表情で記者会見に臨み、

「私はナワリヌイ氏に対する毒殺未遂を厳しく糾弾する。この毒殺未遂は、政府批判者を沈黙させることを狙ったものだ。我々ドイツ人が重視する、(民主主義という)基本的な価値と人権を破壊しようとする試みだ。

 ロシア政府は、この事件を解明しなくてはならない。世界はロシアの答えを待っている」

 と述べた。普段は慎重な言葉を選ぶメルケル首相には珍しい、歯に衣を着せぬロシア批判だった。

 シュテフェン・ザイバート報道官も、

「ナワリヌイ氏がロシア政府に反対する勢力として重要な地位にあることを考えると、ロシア当局はこの事件を徹底的に解明し、その過程と結果を公表するべきだ。ナワリヌイ氏を襲った者たちを逮捕し、法的責任を追及しなくてはならない。我々はナワリヌイ氏が治癒することを願う。厳しい運命に襲われたナワリヌイ氏の家族に対しても、我々は心から連帯を示す」

 という声明を出している。

 メルケル政権がハーグの化学兵器禁止機関(OPCW)や北大西洋条約機構(NATO)に鑑定結果を報告したことも、ドイツが戦闘用神経剤を使った暗殺未遂事件をいかに重く見ているかを示している。

 ノビチョクが体内に取り込まれた場合、被害者は激しい苦痛に苛まれる。このためシャリテ病院の医師団は当初、ナワリヌイ氏を麻酔によって人工的な昏睡状態に陥らせ、1995年の地下鉄サリン事件の治療でも使われたアトロピンを主に用いて治療にあたった。その結果ナワリヌイ氏の容態が安定したため、医師団は人工的な昏睡状態を終わらせた。

 彼は9月15日、家族とともに病室で撮影した写真をインスタグラムに掲載し、

「昨日は初めて、人工呼吸器を使わずに、自分の力で呼吸をすることができた。健康を回復したら、ロシアに戻る」

 というメッセージを書き込んだ。しかし医師たちは、

「重い後遺症が残る可能性は否定できない」

 と語っている。

 ドイツ連邦刑事局(BKA)やベルリン警察は、ナワリヌイ氏が病院内で刺客に襲われる危険もあるとして、シャリテ病院に厳重な警戒態勢を敷いている。

 これに対し、9月3日にプーチン政権の報道官は、

「今回の事件についてロシア政府が批判される理由は全くない。この暗殺未遂事件によって、利益を得る人は誰もいない」

 と、関与を強く否定している。

 ただし、ナワリヌイ氏の毒殺未遂がロシア国内で起きたことから、ロシア検察庁の検事総長はドイツに対して捜査共助を要請し、ナワリヌイ事件に関する捜査資料の提供を求めている。

 捜査資料の引き渡しについては、ドイツ政府は慎重にならざるを得ないだろう。ロシア軍や諜報機関は、捜査資料の中からドイツ連邦軍の化学物質の検出能力に関する情報を得ようとするからだ。

 ナワリヌイ氏の検体に関する分析データは、さらに検出が難しい神経剤をロシア軍や諜報機関が将来開発する上で、貴重な情報になり得る。ドイツの対応にプーチン政権は、

「ドイツ政府は捜査資料を開示せず、我が国の捜査を妨げている」

 と批判している。

 ナワリヌイ氏を誰が暗殺しようとしたのか、また誰が暗殺を命じたのかは、過去の事件同様に闇に包まれたまま終わるに違いない。いわんや、ロシア政府関係者が指示したという証拠は見つからないだろう。

 ロシアには犯罪者、マフィア関係者、元諜報機関員、元軍関係者など、体制側の「空気」を読んで政府批判者の殺害を試みる人々がいる。実行者は、誰の指示で暗殺を試みたかについて、証拠を残さない。

 欧州では21世紀に入って、プーチン政権が敵視する人物が刺客に襲われる事件が相次いでいる。

 前述した2018年のロシアの元二重スパイ毒殺未遂事件は、西欧でノビチョク系神経剤が使われた初めてのテロだった。このとき英国政府は、

「ロシア政府は捜査に全く協力しない」

 として、ロシア人外交官23人に対して国外追放措置を取った。

 またドイツでは去年、ベルリンの公園でチェチェンにルーツを持つジョージア人の亡命者がロシア人に拳銃で射殺された。被害者はコーカサス地方でロシア軍と戦った抵抗勢力のメンバーだった。ドイツの捜査当局は、ロシア軍の諜報機関が殺害を命じたと見ている。ロシア政府はこの時にも、ドイツ側の捜査に積極的に協力しなかった。

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。