記事

アフターコロナで飲食店が次々と閉店するのは他人事ではない

[画像をブログで見る]

リニューアルして週2回定期更新!ユーチューブ内藤忍チャンネル【投資のプロが解説!人生を変える「お金の成功戦略」】を是非ご覧ください!

昨日、友人と出かけた下丸子の寿司店は、予約で2回転とも満席でした。久兵衛出身の佐藤さんがお腹一杯になるくらいのお寿司を出してくれて(写真は〆のトロたく巻)、ドリンク込で1人1万円というあり得ない価格。次回の予約は、早くても年末。コロナショックに関係ない繁盛ぶりでした。

年末まで満席が続き、安泰のように見えますが、これでも経営としては、ギリギリだと思います。

そもそも、寿司店の原価率は非常に高く、昨日のお店は6割近くだといいます。カウンターを満席にして1日2回、週一休業でフル回転しても、売り上げは400から500万円ほどです。

40%の粗利の中から、家賃や備品、減価償却等を差し引くと、それほど大きな利益にはなりません。

しかも、オーナー自らが毎日仕入れ、仕込みをし、店頭に立ち続けなければなりません。誰かに任せて、店を休む事は許されないのです。

極めて労働集約的で、健康を失ってしまえば、次の日から売り上げはゼロです。とてもリスクの高いビジネスです。

繁盛している寿司店でもそんな状態ですから、予約ではなく当日のお客様に依存する飲食店はもっと厳しい状況です。

SHINOBY'S BAR 銀座のような飲食店は、コロナショックにより、従来以上にソーシャルディスタンスが求められ、来客数が増やせなくなりました。

売上を維持するためには、客単価を上げなければなりませんが、値上げをするのは簡単ではありません。価格に見合ったお料理とサービスにはスタッフのレベル向上が必要ですし、カトラリーなど備品への投資も負担になります。

想定通りに、単価の高い新たな顧客層を取り込めなければ、経営は維持できません。

コロナショックが峠を超えて、これから飲食店にも徐々に客足が戻るかもしれません。しかし、ここまで何とか経営を続けてきたお店も、今後の売上が確保できなければ、次々と閉店していくことでしょう。飲食ビジネスは、ハイリスク・ローリターンな業態なのです。

・・・などと、他人事のようにブログに書いている場合ではありません。自分のお店もしっかり経営してくために、今までに無かった新たな企画を立ててみるつもりです。それでも思い通りにならなければ、、、それは、その時に考えますw。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年9月18日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「飲食業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。