記事

【TikTokめぐるドラマ】

中国企業のバイトダンスが運営するTikTokは若者の間でたいへんな人気ですが、個人情報が中国当局に漏洩しているのではないかとして、トランプ大統領が今月20日までにアメリカ企業に売却するよう求めています。

【アップデート】FTはトランプ政権のご機嫌を取るために、バイトダンスがTikTokの株式をアメリカ市場で上場することで合意したと報じています。

期限を目前にして経営権をめぐってドラマが展開されているそうです。

IMG_5390

WSJはTrump Administration Pushes for U.S. Control of TikTok(トランプ政権、米投資家のTikTok経営権を狙う)の中でトランプ政権が中国のバイトダンスが運営する短編動画投稿サイトのTikTokの経営について、アメリカの投資家が経営権を握ることができるよう狙っていると報じています。

技術提携相手として名乗りを挙げている米オラクルに対して、バイトダンスは経営権を維持したい意向で、これに対して米共和党の上院議員らが反発しているということです。

バイドダンスがTikTokを経営権を維持する可能性についてトランプ大統領は「概念として受け入れがたい」と述べました。バイトダンスは現在、ベンチャーキャピタルなどのアメリカ企業が40%握っていて、25%がバイトダンス創業者のZhang Yimin、20%がバイトダンスの従業員が所有しているということです。

100%の移管に反対してい流のは中国当局のみならず、リスクを負わされるアメリカ企業もそうだとしています。オラクルによる提案は15日にCFIUS=アメリカ外国投資委員会が検証したものの、直ちに結果を公表しませんでした。

FTはTrump flags concerns about Oracle-TikTok deal(トランプ、オラクルとTIkTokのディールに懸念を表明)の中で、オラクルが中国のバイトダンスとの間で技術パートナーシップに合意し、新たなアメリカ本社の企業となると伝えられていることについて、仮に中国企業が経営権を維持した場合、トランプ大統領が反対すると伝えています。

オラクルの今の提案に賛成にしているのは、ムニューシン財務長官、ロス商務長官、バー司法長官ん、トランプ大統領の娘婿のクシュナー氏だとしています。中国強硬派とされるポンペイオ国務長官は立場を鮮明していないそうです。

オラクルは、TikTTokを支えるバイトダンスのアルゴリズム技術の監視をし、バイトダンスとTikTokが開発した技術はアメリカ国民の情報をぬ盗み取ることを阻止するためにまずはオラクルが検証するとしています。

NewbYork TImesはBacklash Grows to TikTok-Oracle Deal(TikTokめぐるオラクルの提案に反発広がる)の中で、いずれも共和党でフロリダ州選出のルビオ上院議員やノースカロライナ州選出のティリス上院議員、テキサス州選出のコーニン上院議員らがTikTokの親会社のバイトダンスがアルゴリズムを管理する限り、反対することを表明した書簡を公表したと伝えています。

他の共和党上院議員も反対することを表明しているということです。節目の9月20日を前にアメリカの若者やインフルエンサーの間で人気の高いTikTokをめぐるドラマにさらに一捻りだとしています。

あわせて読みたい

「TikTok」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。