記事
  • ロイター

WHO、ワクチンの政治利用に警鐘「一致したメッセージ重要」


[ジュネーブ 17日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者のマイク・ライアン氏は17日、新型コロナウイルスワクチンの配布時期についてトランプ米大統領と米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長が異なる見解を示したことについて、すべての国が市民に「一致したメッセージを送る」ことが重要だと指摘した。

トランプ大統領は16日、新型コロナワクチンの配布が2021年半ばごろになるとのレッドフィールド所長の見解に異を唱え、今年中に供給開始できる可能性があると述べた。

ライアン氏は会見で「あらゆるレベルから一致したメッセージを発信することが重要。特定の国や機関のためでなく、科学、政府の間で一致したメッセージだ」と述べた。

コロナウイルスを巡る研究では、データや新たな証拠が出てきて複雑になっており、誰もが常に情報を把握していることは容易でないと指摘。「重要なのは、政府、研究機関が冷静に証拠を検証し、最も包括的でわかりやすい情報を提供し、人々が適切な行動をとれるようにすることだ」と述べた。

あわせて読みたい

「WHO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    菅首相らしくない葬儀案の奇妙さ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。