記事

杉並区の公園に「食用のセミ捕獲禁止」の貼り紙、なぜ? セミ食が法的トラブルになる理由 - 清談社

 夏の風物詩として親しまれている“セミ”。長い梅雨が明けた8月、東京都杉並区内の某公園に貼られたポスターが注目を集めた。ポスターには「区内の公園で食用その他の目的でセミ等を大量捕獲するのはおやめください」と書かれており「セミを食べるってこと? 大量ってどれくらい?」と、首をかしげる人々が続出し、物議を醸した。(取材・文=真島加代/清談社)

【画像】セミの調理の様子を見る

「大量のセミが乱獲されている」という旨の苦情が

 9月9日現在も貼られている、このセミの乱獲防止ポスター。掲示された経緯について杉並区都市整備部みどり公園課の職員に話を聞いた。


杉並区内の複数の公園に貼られているポスター。 ©️清談社

――ポスターを掲示したのはいつ頃ですか?

杉並区担当者「8月の上旬です。8月に入ってから「大量のセミが乱獲されている」という旨の苦情をいただくようになりました。ひとつの公園ではなく、特定の地域にある公園でセミの乱獲が起きているようです。セミの乱獲に関するお問い合わせをいただいたのは初めてで、メディアのみなさんからのお問い合わせも多く、反響の大きさに驚いています」

――ポスターには「食用」と書かれていますが、その場で食べている人がいるのでしょうか?

杉並区担当者「住民対応の一環なので詳しいことは申し上げられないのですが、ポスターの内容からお察しいただければと……。本来であれば、区の職員が事実確認をしたうえで対応するのですが、乱獲が起きている時間帯の問題もありまして、確認には至りませんでした。ただ、情報は繰り返しいただくので、やむを得ずポスターを掲示しました」

――今回で「セミを食べちゃダメなんだ」と感じた人もいると思うのですが、問題点は“食用の目的”にあるのでしょうか?

杉並区担当者「食べるのがダメというよりは、公園の動植物の乱獲は杉並区の条例に抵触する可能性が高いです」

 <杉並区立公園条例 第14条>

(行為の制限)

 都市公園内では、次の行為をしてはならない。ただし、第1号から第7号までについては、あらかじめ区長の許可を受けた場合は、この限りでない。

(2) 植物を採集し又は損傷すること。

(3) 鳥獣魚貝の類を捕獲し又は殺傷すること。

「公園内の虫も“動植物”と捉えると、植物も含めてみだりに捕獲するのは条例違反になるかもしれません。ただ、この条例に違反した人全員が逮捕されるわけではなく、今回は確認できませんでしたが、違反している人を見つけ次第、まず口頭で注意をします。本当に悪質な状況や事件性が伴う場合は、警察に相談するケースもありますね」

――ちなみに、ポスターの効果は表れていますか?

杉並区担当者「お問い合わせがなくなれば『効果があった』とお伝えできるのですが、継続して掲示しているということでお察しいただけると幸いです」

 セミを乱獲して食べても逮捕されるわけではないが、節度を保った対応が望まれるようだ。

それでもセミを食べたい場合は? セミ食イベント主催者に聞いた

 区役所に苦情が入るほど日本人には馴染みがない“セミ食”だが、実は、セミを捕って調理後に食べる「セミ会」と称したイベントは全国各地で開催されている。

 東京都多摩市で毎年「セミ会」を主催している、ポータルサイト『セミたま』の伊藤洋平氏に、今回のセミ乱獲騒動やセミ会について聞いた。

――『セミたま』の「セミ会」は、どのようなイベントなのでしょうか?

伊藤洋平氏(以下、伊藤)「2018年から開催しているイベントで、夕方頃から多摩市内の公園でセミの成虫や幼虫を捕ったあと、多摩市若者会議が運営する『未知カフェ』に移動して、調理と試食をする会です」

「参加者の多くはセミを食べたことがなく、『セミってどんな味なんだろう』という、強い好奇心や興味を持って来ますね。夏休みの自由研究として小学生が参加してくれることもあり、昨年は1週間ほどで40名の定員に達しました」

――人気のイベントなんですね。セミはどのように調理するんですか?

伊藤「まず、捕ったセミを大きな洗濯ネットに入れて大鍋で茹でます。200匹近くいるセミを一気に茹でる様は壮絶ですね。

 その後、素揚げや天ぷら、唐揚げなどの揚げ物を中心に調理します。ミンミンゼミはさっぱりした味わいでアブラゼミは旨味が強い、などセミの種類によって味にも違いがあります。

 昆虫食には『噛み切るときにネチョっとしてそう』というイメージがありますが、成虫はお腹が空っぽなのでネチョネチョしていません。サクサクした食感が楽しめます。幼虫はナッツのような味で、中華料理ではポピュラーな食材なんです」

「セミ会」円満開催の理由

――今回の杉並区の騒動については、どのような印象を持ちましたか?

伊藤「2年前にも、埼玉県川口市で食用目的でのセミの幼虫捕獲が問題になったんです。当時は『セミ会の逆風になるかも』と感じましたが、それほど大きな影響はなかったですね」

――セミたまの「セミ会」は、これまでトラブルになったことはありますか?

伊藤「現状、苦情が来たことはないですね。セミ捕りをしているときに、近所の人から『何してるんですか?』と訊かれることはありますが『セミの研究をしているんです』と答えています。さすがに『これから食べるんです』とは言えないです(笑)。とはいえ、“セミの味の研究”でもあるので問題ないかと」

――イベント開催にあたって、自治体への相談なども行っているのでしょうか?

伊藤「じつは、セミたまの『セミ会』は、『多摩市若者会議』という団体がきっかけになって開催されたものなので、多摩市役所に後援をしていただきました。私が仕事で中国に行ったときに“セミの幼虫を使った料理”が出てきて、セミが食べられることを知ったんです。帰国後、セミを食べる『セミ会』が行われていることを知り、2年前にプロジェクトをスタートしました」

――今後も「セミ会」は開催していく予定ですか?

伊藤「今年は新型コロナの影響でオンラインで開催しましたが、来年の状況によってはぜひ開催したいですね。多摩市を“昆虫食のメッカ”にしたい、という展望もあるので、よりよい形で継続していきたいです」

 伊藤氏は最後に「今回の騒動でセミが愛されていることを感じた」と語った。杉並区都市整備部みどり公園課によると、セミの季節が終われば、話題のポスターは撤去する予定だという。

(清談社)

あわせて読みたい

「昆虫食」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。