記事
  • SmartFLASH

初入閣・平沢勝栄「万年ヒラ議員」時代には「気にしてません」


本誌直撃時(2013年)

 東京大学卒、衆院当選8回、75歳。平沢勝栄衆院議員が、9月16日に発足した菅義偉新内閣で復興担当大臣として、ついに初入閣を果たした。

 2013年9月の本誌では、当時の安倍政権下で内閣改造が先送りされたことを受けて「万年ヒラ議員」と題して、こんな記事を掲載した。

・入閣の条件は衆院なら当選6回、参院なら当選3回というのが相場

・自民党にはその条件を満たしつつも大臣経験のない“万年ヒラ議員”がたくさんいる

 該当する議員として本誌が直撃をしたのが、当時、当選6回を数える平沢勝栄衆院議員だった。

「(閣僚未経験はおかしいと言ってくれて)ありがとうございます。でも、気にはしていません。毎日、充実していますよ」

 なんとも牧歌的な答えが返ってきたのだが、当時から、平沢議員が入閣できない理由としてあげられていたのが、ときの権力者・安倍氏の小学生時代に、平沢氏が家庭教師を務めていたこと。政治ジャーナリストが語る。

「安倍さんの家庭教師をしていたことを自らの “売り” にしていたり、当時の話を周囲に語ったりといった点を、安倍さんが快く思っていなかったようだ。しかも『あまり出来はよくなかった』と吹聴しているのが、安倍さんの耳にも入ったらしい。また、安倍さんは東大出身者があまり好きではない、といったことも囁かれている」

 かくして、菅新総理のもと、めでたく「万年ヒラ議員」からの脱却とあいなった平沢先生。だが、平沢氏は菅総理誕生の立役者といわれる二階俊博幹事長率いる「志帥会」の幹部でもあり、二階氏の後ろ盾があったことは言うまでもない。

あわせて読みたい

「菅義偉内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。